ホーム » CBD雑学 » 日本人が知らない医療大麻!世界を救う大麻草

日本人が知らない医療大麻!世界を救う大麻草

日本人が知らない医療大麻!世界を救う大麻草

この記事で分かる情報

医療大麻の持つ医療効果とは?

医療大麻が効果を発揮する病気とは?

医療大麻が認可されている国について

日本での医療大麻の認可は?

CBDと共によく話されるのが、医療大麻についてです。
日本国内でも医療大麻の認可を求めて、元女優の方が記者会見を行ったりしていたのに、不正所持で逮捕されるなんていうようなこともありました。

現在も、日本では医療大麻は認可されておらず違法なままです。
医療のためであっても大麻を所持、使用することは禁じられています。

しかし、世界では医療のために大麻が使われるというのは珍しくありません。
このページではそんな、日本人が知らない医療大麻について、紹介していきます。

大麻がもつ医療効果は多数ある

CBDが配合されたオイルやリキッドが様々な効果を持つように、医療大麻もCBDの効果以上に様々な効果を持っています。

CBDと医療大麻の明確な違いはTHCの含有量です。THCは精神作用や依存性といったデメリットも大きいため、大麻取締法によって規制されています。
しかし、THCにはTHCのメリットもあり、デメリットの部分をわきまえた上でメリット面を利用するというのが医療大麻なのです。

そのため、医療大麻を原料とした大麻製剤も複数ありますし、大麻は認められていないのに医療目的で大麻を利用することは認められているという国もあるわけです。

国内では、医療目的であっても大麻の利用は禁止されているため、大麻を用いた治療を受けたいと思っても受けることはできません。
それが例え末期がんで手の施しようがないとしてもです。

実際に、こんな事例もあります。
末期の肝臓がんとして手のほどこしようがないと診断、余命半年~1年と宣告された人が、がんの治療を目的として大麻を使って逮捕されるケースもありました。
実際に大麻を使う事で、食事ができるようになったり、がんの発生や進行度を判断する「がんマーカー」の数値も低下したという結果が出ています。
他に打つ手が無く最後にすがった方法も違法と判断され逮捕、起訴されてしまったのです。
患者の方は無罪を訴え裁判となりましたが、裁判中に亡くなってしまいました。

出典:https://www.sankei.com/affairs/news/160726/afr1607260035-n1.html

効果があるのにそれを使うことができない。
何とも悲しい現実があるため、現在では医療大麻を合法化に向けて運動する動きがあるわけです。
その一方で、遊びで大麻を使う人もいるわけですから、何とももどかしい状況となっています。

医療大麻がもつ医療効果とは?

医療用大麻のもつ効果は様々です。

医療大麻の持つ効果

鎮痛作用沈静作用催眠作用
制吐作用食欲増進作用抗癌作用
眼圧の緩和など

上記は医療大麻がもつすべての効果ではありません。

色々な作用がありますが、どの効果も強く一般的な鎮痛剤や抗炎症剤の効果が見られないような疼痛に対して、医療大麻であれば効果を発揮し痛みを緩和させるといったことは珍しくありません。

さまざまな効果を持っているため、医療用大麻は幅広い病気の治療に活用されています。

医療大麻が様々な効果をもたらす理由は?

通常、医薬品というのは1つの成分が1つの効果を持ったものです。
痛みを和らげる、血行を促す、血圧を下げるなど1つの薬で1つの効果というのが基本です。
1錠に複数の成分を配合しているような場合は、複数の効果を発揮することもあります。

しかし、医療大麻は非常に多くの病気の治療に用いられ、用いられる病気や症状によってその効果も違っています。
1つの成分が、複数の効果を発揮するため、医療大麻は1つの薬でさまざまな病気に使われており、効果があるとされる病気の種類は250以上にも及ぶと言われています。

こうした様々な効果を医療大麻がもつ理由が、ECS(エンドカンナビノイドシステム)にあります。

ECSとは、ヒトの恒常性を維持する機能であり健康な状態を保とうとしてくれています。
痛みが出れば痛みを抑え、吐き気がすれば吐き気を抑える。
というように、健康な状態を保とうとする効果が様々な症状の緩和しているわけです。

このエンドカンナビノイドシステムを動かしているのが、体内で作られる内因性カンナビノイドと呼ばれる物質です。

大麻草に含まれている植物性カンナビノイドと内因性カンナビノイドは似ている物質で、体内で同じような働きをします。

そのため、利用大麻を摂取することによって体内のカンナビノイドが増加し、恒常性を保つECSを作用させてくれるのです。

まとめ

医療大麻のもつ効果は多く、様々な場面で役立つ

ECSを補助することでさまざまな効果を発揮する

幅広い適用症例

幅広い病気に対して効果・医療大麻さまざまな病気の治療や緩和に使われている医療大麻ですが、主な病気はAIDsやガンなどの難治性疾患の症状緩和などを目的として使われるのが主です。

AIDs治療薬の副作用を抑えたり、がんが引き起こす疼痛の緩和したりといった効果を発揮しています。
他の治療薬では、症状の改善が見られなかったような場合でも、医療大麻を使う事で症状が改善し、QOL(クオリティオブライフ)の観点からプラスになる場合に用いられています。

ただし、医療大麻の持つ効果でもお話したように、あくまでも痛みの緩和や鎮静といったものであり、それぞれの病気を根本的に解決へと導くといった手助けをすることはありません。
辛い症状を緩和して、患者がより良い生活を送るために使われているのです。

もちろん、医療大麻を治療薬と併用して副作用などを緩和しながら病気の根本的な治療を行うというケースもあります。

まとめ

幅広い病気に対して効果を持つ医療大麻

QOLを高めるために活用されるケースが多い

有名人も使っている医療大麻

現在、海外の有名人の中には医療大麻を支持し、実際に医療大麻を用いて様々な治療を行っている方も少なくありません。

オスカー俳優のモーガン・フリーマン

モーガン・フリーマンショーシャンクの空に、ミリオンダラー・ベイビー、セブンなど数々の映画に出演し、自身もプロデューサーとして映画製作会社を設立するモーガン・フリーマン
彼は、2008年に起きた自動車事故後に線維筋痛症を発症しました。
関節や筋肉などに激しい痛みが生じるこちらの病気に対する有効な治療法は現在見つかっていません。
そこで注目したのが医療大麻でした。
現在、モーガン・フリーマンは医療大麻を用いて病気によって生じる痛みを緩和しているのです。
このように、有効な治療法がない場合でも医療大麻であれば効果を発揮するというケースは少なくありません。

天使にラブソングを!ウーピー・ゴールドバーグ

ウーピー・ゴールドバーグ天使にラブソングをやゴースト/ニューヨークの幻などの映画に出演する女優のウーピー・ゴールドバーグは緑内障を由来とする様々な症状をCBDオイルを使って緩和していました。
そうした経緯から、彼女は医療大麻のブランドを立ち上げています。
こちらの医療大麻ブランドでは女性ならではの生理痛緩和を目的とした商品が中心となっており、多くの女性に利用されているようです。

医療大麻が認可されている国は?

増加する医療大麻認可国現在、日本では医療に大麻を利用することは完全に禁止されています。
しかしながら、世界的な視点で見ると医療用の大麻が認可されている国は増加しています。
近年では、2018年に韓国で大麻由来の医薬品が合法化されています。

海外各国の認可タイミングは?

アメリカ合衆国

アメリカでは州ごとに医療用大麻の認可度合いが違います。

使用開始からCBDオイル使用量
嗜好用、医療用共に
認められている州
12州
医療用のみ
認められている州
21州
医療用でもCBDがメインで
THCが少ないもののみ
認められている州
13州

というように分かれています。

米国の場合2019年1月時点で医療用大麻が認可されているのは、上記全て合わせると50州中46州にも及びます。

元々は、1996年にカリフォルニア州で医療用大麻が認可されたのを発端としており、そこから徐々に認可されている州が増えて現在の数になっています。
現在も法整備は進み、今後も認可される州が増えることが予想されます。

1999年以前に医療大麻が認可された国

・オランダ

1976年より大麻の販売が認可されています。
2003年から薬局での処方箋取り扱いが始まっていますが一度売上中止になり、その後再び販売が再開されています。

2000年以降に医療大麻が認可された国

・カナダ

2001年の7月に医療用大麻が認可されています。
2018年の10月には世界で2番目に大麻が合法化された国となっています。

・スペイン

スペインは医療用、嗜好用に違いはなく大麻が自体が認可されています。

ただし、アメリカと同様に、州によって認可のタイミングが違っていました。
2001年にカターニャ州で認可されるようになってから、他の州でも合法化されていっています。
元々スペインは、大麻の販売は禁止されており、使用自体は禁止されていませんでした。
その後、種子の販売や個人の土地での栽培が認可されました。この時、公共の場での使用が禁止に制限され、プライベートでの所持や使用は認可されています。

・オーストラリア

2008年7月に医療用大麻と栽培が認可されています。

・イスラエル

2008年に医療大麻のがんやエイズ患者への投与が承認されてからスタートしています。
医療用大麻は認可されています。ガンやAIDs患者の疼痛緩和のために使用されています。
認可はされていますが、処方は上記のガンやAIDs、クローン病の疼痛緩和や副作用緩和といったような用途に限られています。

・スイス

2011年から、THC1%未満の大麻を販売することが認可されています。
ただし、販売についてはTHCによる精神作用が出ない量とされているため、大量の大麻を購入することはできません。
精神作用のないCBD製品のために大麻を栽培、販売している会社も登場しています。

・フランス

2014年より、大麻由来の成分を配合した医薬品が認可、販売されるようになっています。

・チリ

2014年に医療用大麻を栽培するための農地の開設が承認されています。
チリでは、大麻の使用は違法ではないですが、売買が禁じられています。

・メキシコ

2015年の9月、医療用大麻が例外的に認められていますが、基本的には認められていません。

・ジャマイカ

2015年から、医療用大麻の使用は認可されています。

・コロンビア

2015年に医療用大麻は認可されています。

・マケドニア

2016年6月に医療用大麻が認可されています。
これによって、THC0.2%未満の処方が可能になっています。

・オーストラリア

2016年の麻薬法改定で、医療大麻が認可されています。
これに伴い、医療や化学を目的の大麻栽培も認められています。

・ブラジル

2016年に大麻由来の医薬品が認可されています。
処方対象となる疾患は、がんやてんかん、パーキンソン病や慢性疼痛です。

・アルゼンチン

医療大麻は2016年にチュブとサンタフェで認可され、2017年にはCBDオイルを医療目的で使用することが認められています。

・ウルグアイ

2017年に医療用大麻が認可されています。

・ドイツ

2017年に医療用大麻が認可されています。

・ペルー

子供の病気を治療するための大麻を栽培していた母親が摘発されたことがキッカケとなって、2017年に医療目的での大麻使用が認められるようになっています。

・スリランカ

スリランカでは、アーユルヴェーダ医学で大麻が利用されています。
このアーユルヴェーダで使用するための大麻を生産する農場を作るという発表が2017年に国より発表されています。

・イギリス

2018年に大麻由来の医薬品の規制が緩和されています。
ちなみに、大麻由来の医薬品として世界で利用されているエピディオレックスなどを開発・販売しているGWファーマシューティカルズはイギリスの製薬会社です。

・タイ

2018年から医療用大麻として、THC1%未満のものを栽培することが認められています。

・ニュージーランド

2018年に疾患の末期患者の緩和ケアのために医療用大麻の使用が認められています。

・韓国

2018年11月に麻薬取締法の改正が承認され、2019年3月から医療大麻の輸入が合法化されています。
この結果、韓国は東アジアで最初に医療大麻が認可された国になっています。
こちらで輸入が合法になったのは大麻由来の医薬品のみであり、嗜好品として大麻や大麻由来のオイルや食品は依然として認められていません。

また、大麻由来の医薬品であっても認められていないケースもあります。
認可されるか、されないかのポイントとなっているのが代替薬の有無です。
大麻由来の医薬品は代替薬が無い場合にのみ認められています。
そのため、代替薬が既にある場合、大麻由来の医薬品は認められず輸入することができません。

韓国では現在、日本よりも欧米化が進んでいると言われ、医療大麻の合法化をキッカケとして大麻やCBDに関する法整備や合法化など様々なことが一気に進むと言われています。

まとめ

医療用、嗜好用療法の大麻が認可されているケースは珍しい

医療大麻が認可されるようになったのは近年

一般的になっている医療大麻

ほとんどの州で医療大麻が認可されているアメリカ。
アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)の調査では、がん専門医の80%ががん患者の家族と医療大麻について話し合いをしたことがあるという結果が出ています。
しかも、その中の78%が患者やその家族側から医療大麻についての話を持ち掛けているという調査結果が出ています。

この調査から、医療大麻が認可されている国では患者側から医療大麻についての話を行っていることからも、医療大麻が既に治療に根付いていることがわかります。

日本での認可はされるのか?

日本で認可はされるのか?世界各国で医療大麻が認可され、活用されているのに日本では未だに医療大麻は承認されていません。
しかし、大麻成分を用いた研究などは少ないながらもされているようで、今後、医療大麻の研究や使用が認可されると予想されています。

その第一歩として、2019年に大麻草由来の成分であるCBDを含む難治性てんかん(レノックスガストー症候群、ドラべ症候群)の治療薬「エピディオレックス」の治験の申請が行われています。

申請が通り、治験が完了して効果が証明されれば、日本でも大麻草成分を配合した医薬品が承認される可能性が生まれています。

これまで、完全に閉ざされていた医療大麻の扉を開くカギとなってくれると期待している方は非常に多いです。

この記事のまとめ

医療大麻の持つ効果は非常に多い

2000年以降、急激に世界的に医療大麻は認可が進んでいる

日本ではまだ治験申請の段階で諸外国より遅れていると言わざるをえない

上へ戻るボタン