ホーム » CBD雑学 » CBDにハマる海外セレブまとめ!人気女優から大物歌手まで勢ぞろい

CBDにハマる海外セレブまとめ!人気女優から大物歌手まで勢ぞろい

CBDにハマる海外セレブ

・不安や緊張を和らげる
・肌の調子を整える
・鎮静&鎮痛作用を持つ

などのさまざまな効果が期待できるCBDは、海外のセレブたちにも愛用されています。
ここでは、「リラックス」「美容」「病気の療養」といった目的でCBDを使用しているセレブたちを紹介します。

記事のポイント早わかり

芸能界ならではの心身のストレスを解消するためにCBDを愛用しているセレブが多い。

ハリウッド女優の中には、CBDの「美容効果」に着目している人もいる。

病気やケガの療養のために「鎮静&鎮痛効果」が期待できるCBDを使っているセレブもいる。

CBDの可能性を信じてCBD製品を扱うブランドを立ち上げたり、投資したりしているセレブも多い。

リラックスのためにCBDを使っているセレブたち

CBDには、心や体をリラックスさせる効果があるといわれています。
厳しいショービジネスの世界で、そんな効果を目的として使用しているセレブは少なくありません。

オリヴィア・ワイルド

オリヴィア・ワイルド2009年、アメリカの雑誌『マキシム』の「セクシーな女性100人ランキング」で第1位に選出されるほどの美貌を誇るオリヴィア・ワイルド。
ハリウッドで女優として活躍するかたわら、2019年には映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』で監督デビュー。批評家から絶賛され、才能あるフィルムメーカーとしても知られるようになりました。

そんなオリヴィアは、2017年頃からCBD入りのボディローションを愛用しているそうです。
きっかけは、当時彼女が出演していたブロードウェイの舞台『1984』でした。
独裁政権が支配する監視社会を描いた古典SF小説を原作とする作品で、舞台では激しい拷問シーンが繰り広げられる点が話題を呼びました。
出演者たちが骨折やケガに見舞われ、観客が体調不良を訴えるほど過激な内容だったそうですが、そんな中でオリヴィアは心と体のリラックスを目的にCBDを活用していたと、のちにインタビューで語っています。
「大変な舞台だったので心も体もクタクタになっちゃったけれど、CBDにはリラックス効果があるし、鎮痛剤を使いすぎないようにする効果もあるの」
特に愛用しているのは、ハリウッドで人気が高い「ロード・ジョーンズ」というブランドの製品だそうです。

ジェニファー・アニストン

ジェニファー・アニストンハリウッド女優のジェニファー・アニストン。
1994年に放送が開始されて社会現象を巻き起こした大ヒットTVドラマ『フレンズ』に出演したことでセレブの仲間入りを果たし、“アメリカン・スイートハート(アメリカの恋人)”と呼ばれて親しまれました。
そのほかにも数多くのドラマや映画で活躍し、演技賞を獲得する実力派へと成長。現在も大活躍中です。

そんな彼女はCBDオイルを愛用しているセレブのひとり。
「CBDは不安やストレスを解消してくれるんです」と、あるインタビューで彼女は語っています。
スター女優ならではの仕事の重圧や、私生活での悩みなどに立ち向かうために、CBDは欠かせない存在なのだそうです。

美容のためにCBDを使っているセレブたち

映画やテレビ作品で、美しい姿を披露してくれるハリウッドのセレブ女優たち。
もちろん彼女たちは、華やかな世界の裏で美しさに磨きをかける努力を惜しみません。
CBD製品もまた、そんな“美を磨くためのアイテム”のひとつとなりつつあります。

ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン1994年の映画『レオン』に12歳で出演して以来、圧倒的な美貌と実力を兼ね備えたスター女優として活躍を続けているナタリー・ポートマン。数々の大作映画に出演している彼女は、デビュー以来ハリウッドを代表する美人女優として不動の位置を築いています。

そんな彼女の“美”を支えているもののひとつがCBD。
彼女は“肌を強くする”という目的で、CBDオイル配合のボディクリームを愛用しているそうです。

レントン・ミースター

レイトン・ミースター2007年、TVドラマ『ゴシップガール』でブレイクしたレントン・ミースター。
セレブ高校生たちの恋愛模様を描いたこの作品で、レントンはメインキャラクターのひとりを演じています。
また私生活では自他ともに認める“美容オタク”で、ナチュラルな成分にこだわった自作コスメを使用するなどしているようです。

そんな彼女は、CBDオイルを配合したバームを美容と健康のために愛用しているとインタビューで語っています。
特に、美しい体の基礎作りにCBDは欠かせないといいます。
CBDを摂取することで心と体のストレスを解消し、肌荒れや肌の老化を防ぎ、つややかな美肌を維持しているそうです。

病気の療養にCBDを使っているセレブたち

「鎮静・鎮痛作用」をはじめとする病気に対する効果を目的に、CBDを愛用しているセレブもいます。

モーガン・フリーマン

モーガン・フリーマン威厳のある雰囲気と深みのある演技で、アメリカを代表する実力派の俳優のひとりとして知られるモーガン・フリーマン。美しいバリトンボイスの持ち主で、ナレーターとしても活躍しています。
そんなモーガンは、CBDのヘヴィユーザーのひとりでもあります。

彼がCBDを使用するきっかけになったのは、2008年に起こしてしまった自動車事故でした。骨折が数ヶ所に及び、左腕にマヒが残るほどの重傷で、一時は復帰が危ぶまれるほどでした。
幸いにもリハビリによって体の運動機能は徐々に回復しますが、左腕を動かすたびに痛みが走る「線維筋痛症」という後遺症を発症してしまいます。
その痛みを抑制するために、モーガンはCBDを活用しているそうです。
「この痛みを解決してくれるのは、CBDだけでした」と、のちにインタビューで語っています。

マイケル・J・フォックス

マイケル・J・フォックス1985~1990年の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に主演したことで、若きハリウッドスターとなったマイケル・J・フォックス。
そんな彼は現在、俳優として活動するかたわら「マイケル・J・フォックス財団」を主宰し、CBDの研究に資金を提供しています。

きっかけになったのは、30歳でパーキンソン病を発症したこと。パーキンソン病は、体の運動機能が低下したり、顔の表情を作るのが難しくなってしまったりするという神経系の病気です。
「マイケル・J・フォックス財団」はもともとパーキンソン病の研究を支援する財団ですが、CBDにパーキンソン病の症状を緩和する効果があるらしいことが判明し、その研究への資金提供を始めました。
また、マイケル自身も症状を緩和するためにCBDを活用しているようです。

CBDビジネスに参入したセレブたち

CBDに大きな可能性を見出した海外セレブたちの中には、自分で使用するだけでなく、ブランドを立ち上げたり投資をしたりすることで、広く世に広めるために活動している人もいます。

グウィネス・パルトロウ

ウィネス・パルトロウ1998年の映画『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞の主演女優賞を獲得し、若き実力派の美人女優として知られるようになったグウィネス・パルトロウ。
女優業と並行し、美容・健康ブランド「Goop」を立ち上げて女性のライフスタイルを提案しています。

そんな彼女のブランド「Goop」では、CBDオイルやボディクリーム、さらにはCBD入りのチョコレートバスボムといったさまざまな商品を扱っています。
また「Goop」のサイト上では、CBDの鎮痛作用抗不安作用などについて精神科医のジュリー・ホーランドと語り合う動画をアップ。CBDの有効性をアピールしています。

ウーピー・ゴールドバーグ

ウーピー・ゴールドバーグ1990年代、『ゴースト ニューヨークの幻』『天使にラブソングを』といった名作映画に出演し、人気女優となったウーピー・ゴールドバーグ。
現在は女優業から退き、トーク番組の司会をつとめています。
そんな彼女は現在、ショービジネスの世界で活躍しつつ医療大麻ビジネスにも力を入れています。

2016年には、実業家のマヤ・エリザベスと共同でブランド「Whoopi & maya medical cannabis」を立ち上げました。CBDを配合したボディクリームやローカカオ(食品)などを扱っています。
日本では規制の対象となっている大麻草の成分THCが含まれた商品も多いので、現時点では日本で使用するのは難しそうですが、海外では人気を得ています。

ちなみに、ウーピー自身もCBDのユーザーです。

・仕事から来るストレスや不安感を解消するため
・更年期障害の症状を緩和するため

といった目的で、VAPE(電子タバコ)を使ってCBDを吸引しているとインタビューで語っています。

ジーン・シモンズ

ジーンシモンズハードロックの伝説的なバンドKISSでベースとヴォーカルを担当するジーン・シモンズ。
これまでにも、ミュージシャンのほかにさまざまな事業で成功を収めた有能な実業家としての顔を持っていたセレブです。

そんな彼は、カナダに本拠を置いて医療大麻の製造を手がけるCBD関連企業の「インビクタス」に1000万ドルを投資しています。
さらに、同社のチーフ・エバンジェリスト・オフィサー(広告塔)を務めています。

まとめ

記事のまとめ

セレブたちは、ストレスや傷病を癒すためのアイテムとしてCBD製品を活用している。

女性セレブたちは、特にCBDの「リラックス効果」「美容効果」に着目している。

CBD製品を扱う会社やブランドを立ち上げ、その素晴らしさを世界に広めているセレブも見られる。

上へ戻るボタン