ホーム » CBDオイル » 美容業界にも広まりつつある有効成分「CBD」

美容業界にも広まりつつある有効成分「CBD」

美容業界でも注目されるCBD

この記事で分かる情報

CBDの化粧品って?

CBDコスメはいつからあるの?

日本のCBDコスメメーカーってある?

CBDコスメとヘンプコスメの違いは?

近年、医療の分野で高い注目を集めているものの一つが医療大麻です。
しかし、医療大麻は法的な部分で国内での使用は禁止されています。
その一方で大麻草由来の成分である「CBD(カンナビジオール)」は、国内の方に触れることなく安全に使える有効成分として高い注目を集めています。

そんな注目されている成分のCBDを化粧品に配合したのが「CBDコスメ」です。

そもそも人の体内では内因性カンナビノイドと呼ばれる物質が作られており、この内因性カンナビノイドが体内の至る場所にあるカンナビノイド受容体と結合することによって、体内環境のバランスを一定に保っています。

この体内のバランスを一定に保つ機能はECS(エンドカンナビノイドシステム)と呼ばれ、食欲や免疫、感情抑制や運動機能、痛みや老化など様々な面での調整を行っています。

老化やストレスなど様々な要因でECSの調整機能がくずれてしまうと、食欲や免疫機能の低下、不安や老化といった様々な症状があらわれます。

CBDは植物性カンナビノイドの1つであり、体内のカンナビノイド受容体と結合してECSを機能させる効果を持っています。
そのため、CBDを配合したCBDコスメを使う事によって、肌の奥にあるカンナビノイド受容体と結合することで、ECSが機能し乱れたお肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常化するといった作用に期待できるのです。
老化やストレスなどの様々な原因によって、ターンオーバーが乱れてしまう事でシミやくすみなど様々な肌トラブルが生じてしまいます。

CBDは経口摂取だけでなく、お肌に塗って直接吸収して摂取する経費摂取も可能であることから、様々な化粧品にもCBDが配合されるようになっています。

こうしたCBDを配合した化粧品を使うことによって、ターンオーバーを正常化して肌トラブルの改善に期待できたり、正常な状態を維持して肌トラブルからお肌を守るといった効果に期待できます。

大麻草由来のCBDコスメは使っても問題ない?

CBDを配合しているコスメは色々と販売されていますが、そもそも大麻草由来の成分であるCBDを使うのは問題ないのか?という懸念を持たれる人も少なくありません。
その背景にはやはり「大麻=危険な麻薬」というイメージが根強いためです。
もちろん、大麻は麻薬として法的にも禁止されており、精神作用や依存性を持つため危険なものではあります。

しかし、その精神作用や依存性は「THC(テトラヒドロカンナビノール)」と呼ばれる大麻の成分に由来するものです。

大麻には「カンナビノイド」と呼ばれる100種以上の有効成分があり、THCもカンナビノイドの1種です。
CBDコスメのCBDもカンナビノイドの1種ではありますが、CBDには精神作用や依存性はありません。
また、海外で行われた研究ではCBDはTHCがもつ精神作用を抑制するといった効果を持つという結果も出ています。

そのため、CBDが配合されたコスメを使用しても精神作用や依存性が出るといったことはありません。

また法律的な問題に関しては、CBDコスメに配合されているCBDは大麻草の成熟した茎や種子から抽出したCBDを使っています。
国内で施行されている「大麻取締法」で大麻の所持や栽培などが禁止されています。

その一方で、成熟した大麻草の茎を使った製品や種子の製品は規制の対象から除外されています。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000124

そのため、大麻草の茎や種子から抽出したCBDを配合した製品であるCBDコスメは法律の禁止対象から除外されるので、CBDコスメの使用は違法でもなんでもありません。

まとめ

CBDは法律的に問題のない成分で麻薬成分でないため、キマったり依存性もない

安全性はWHOからも安全性が高いと報告されている

CBDコスメが急速な広がりを見せている一番の要因は、WHO(世界保健機関)による発表です。
2018年にジュネーブで行われた「薬物依存に関する専門家委員会の第40回会議」にて

・安全性に優れ、耐用性があるという報告が行われています。

世界的な保健機関からCBDは安全性が高いという事が報告されたことが、各国の大麻に対する法律が緩和しTHCは使えないがCBDは容認という事が増えました。
その結果、CBDを配合したコスメが多数登場することに繋がったのです。

まとめ

WHOの報告からCBDブームは始まった

CBDコスメの効果は?

CBDコスメは肌から直接CBDを摂取して皮膚細胞にあるカンナビノイド受容体と結合します。
そうしてECSが正常化され、ECSの乱れによって発生した様々な肌トラブルを改善へと導きます。

肌荒れの改善

ECSが正常化されることによって、痛みや赤み、痒みなどが緩和します。
その結果、あらわれていた痒みや赤みなどを由来とした肌荒れを改善へと導いてくれます。

ニキビの改善

CBDコスメに配合されているCBDオイルにはCBDの他にもオメガ脂肪酸も豊富に含まれています。
オメガ6脂肪酸のひとつ「γ-リノレン酸」には、炎症を抑える強い作用があります。
そのため、CBDコスメをお肌に塗布してあげることで、アクネ菌によって発生した炎症を抑えニキビを改善へと導いてくれます。

アンチエイジング効果

CBDコスメの使用でECSが正常化することによって得られる、ターンオーバーを正常化するという効果は、様々な老化を予防する作用を発揮します。
お肌のシミやくすみといったトラブルは、ターンオーバーの異常によって作られたメラニンが適切に排除されず残ってしまった状態です。

老化などによって発生したターンオーバーの乱れによってシミやくすみができてしまうのは、人が生きていく上で避けることができないものです。
しかし、CBDを摂取することで乱れたターンオーバーを正常化し、肌トラブルの元となるメラニンの排除やお肌の生まれ変わりを助けてくれます。

まとめ

CBDコスメにはスキンケア、ニキビ治療、アンチエイジングなどの効果に期待できる

CBDコスメの登場はいつ?

CBDが配合されたコスメが日本で登場したのは、2020年の2月21日
日本初のCBD専門店や、カフェなどを展開した「HealthyTOKYO」よりCBDを配合したコスメとしてCBDフェイシャルマスクの発売を発表しています。

こちらのCBDフェイシャルマスクが日本で初めて登録されたCBDコスメとなります。

その後も、CBDコスメに参入する化粧品メーカーは海外を中心に増えており、CBDは現在も大きな注目を集める成分となっています。

まとめ

CBDコスメが登場したのはつい最近のこと!まだまだ歴史の浅い分野です。

国際化粧品展-東京でも発表されていたCBDコスメ

国際化粧品店CBDコスメが初めて登場したのは2月。そのわずか1ヶ月前に千葉県の幕張メッセで開催された「国際化粧品展-東京-COSME TOKYO 2020-」では、CBDコスメも10社以上の出展がありました。
2020年9月には、国際化粧品展-大阪がインテックス大阪で開催されます。
こちらの大阪展でも、国内外から多数の化粧品メーカーが出典しており、幾つかのメーカーから複数のCBDコスメの出展が予定されています。

まとめ

化粧品展でも、どんどんCBDコスメの出展が増えているから、今後の展開にも期待できる

日本発のCBDコスメブランドも増えている

先ほどお伝えしたCBDコスメブランドの「HealthyTOKYO」以外にも、日本発のCBDブランドは増えてきています。

そんな日本初のCBDコスメブランドをいくつかご紹介します。

ataracia

ataracia神戸に本拠を置く吉兆堂は、大正12年創業の老舗メーカーが独自のCBDブランドとして「ataracia」を展開しています。
ataraciaではアメリカの提携農家で作られた原料である大麻草を用いて、日本国内でCBDコスメを生産しています。
そのため、国内生産のコスメとして非常に高い品質を誇っています。

更に、ataraciaを展開する吉兆堂は老舗メーカーであるため、長年にわたって築き上げてきた商品の製造品質の高さがうかがえます。

現在、ataraciaからは、CBDオイル、ファミリークリーム、フェイシャルマスク、キャンディ、湿布などがataraciaのオンラインショップで販売されています。
CBDオイルを除けば、価格帯は900円からとお手頃な価格で購入できる商品も多いので、初めてCBDコスメを使うという人にもオススメできます。

MUKOOMI

MUKOMI2020年5月1日にオープンしたのが「MUKOOMI」です。
MUKOOMIはミス・ワールドの日本代表と起業家がタッグを組んで創立したCBDコスメメーカーです。

ブランド名のMUKOOMIには
“向こう”と“見る”を掛け合わせた造語で、 “常識を超えた向こう側を見よう”というメッセージが込められているそうです。

MUKOOMIのCBD商品に配合されているCBDは大麻が合法のオランダで無農薬栽培されたオーガニックヘンプを原料としており、安心安全に使うことができます。

現在、MUKOOMIではCBDオイル、フェイスクリーム、アイセラム、化粧水、スキンセラムといった商品を展開しており、MUKOOMIのオンラインストアで購入することができるようになっています。

MUKOOMIのCBDコスメの価格帯は3,500~15,000円となっています。
CBD商品としては一般的な価格帯ですし、日本初のCBDコスメブランドだからといって非常に高価なわけではないので、比較的気軽に使うことができるようになっています。

LUXZ CBD PLUS

LUXZOrganyが展開するCBDコスメブランドは「LUXZ CBD PLUS」です。
CBD配合のスキンケア用品としてモイスチャーリッチローションとハイブリッドクリームを販売しています。

商品の価格はモイスチャーリッチローション、ハイブリッドクリーム共に、13,200円となっています。
また、LUXZ CBD PLUSでは、お試し用のトライアルセットも販売しておりこちらの価格は、1,980円と非常にリーズナブルな価格で購入できるようになっています。
他のCBDコスメメーカーではトライアルセットを取り扱っているところは多くないので、トライアルセットがあるのは、それだけでも十分に嬉しい所。

モイスチャーリッチローション、ハイブリッドクリーム共に、LUXZ CBD PLUSのオンラインストアで購入することができます。

また、organyではCBDコスメ「LUXZ CBD PLUS」の他に「rise」というCBDオイルブランドや「VIGOPET」というペット用CBDオイルブランドも立ち上げています。

CBDコスメだけでなく、自分やペットに使えるオイルも同じ会社で開発されているものを購入できるので、ブランドで迷ったりするといったことがありません。

theforth

theforth「theforth」は福岡発のCBDスキンケアブランドです。
お肌ケアのプロであるフェイスセラピスト、鍼灸師、薬剤師がタッグを組んで開発しているのがtheforthのCBD商品です。

展開される商品は、フェイスドロップとレニューボディオイルのオイル系になっていて、どちらのCBD商品に配合されているCBDも、アメリカのオーガニックヘンプ農場で栽培されたヘンプが用いられています。

当然、無農薬で化学肥料などを使わずに栽培されたヘンプが原料なので、オーガニック嗜好の方にも安心してお使いいただけます。

商品価格は、7,980円と8,350円と他のCBDブランドの商品より少しお得といった価格帯になっています。

theforthの商品は8月1日より販売となっており、現在はtheforthの公式オンラインストアにて購入することができます。

日本発CBDコスメブランドとしてもまだまだ新しいtheforthですが、今後の商品展開などが期待されます。

ソフィック

アーサーオイルローヤル株式会社ソフィックもCBDコスメを販売しています。
「アーサーオイルローヤル」、「アーサーモイスチャージェル」といったように商品名に「アーサー」という名称はついているものの、全ての商品がそういうわけではなく固定のブランド名があるというわけではなさそうです。

アーサーオイルにはローヤル以外にも、通常の「アーサーオイル」という商品もあり、ソフィックのオンラインストアである「アーサークラブ」で購入することが可能です。

ソフィックが展開するCBDコスメの価格帯は10,000~16,000円となっていました。
価格帯としては一般的で特段高いということもありませんでした。

まとめ

日本発のCBDコスメブランドはまだまだ少ない

ポップアップストアなども登場している

CBDコスメが日本に入ってきた当時から徐々に増えているのが、ポップアップストアです。
ポップアップショップなどとも呼ばれ、数日~数週間といった短期間だけ出展する店舗のことで、デパートなどの催事場やレンタルスペースなどで出店されたりします。

期間限定ではありますが、日本ではまだ発売されていないメーカーのCBDコスメを購入したり試したりすることができたりするので、近くで開催されるような場合には覗いてみると良いでしょう。

まとめ

ポップアップストアは期間限定だが、国内未発売の商品なども取り扱われている

国内メーカー以外にも多数の海外メーカーがある

上記で紹介したように、国内でも様々なCBDコスメを取り扱うメーカーが登場しています。
しかし、海外に目を向けると日本とは比にならないほどたくさんのCBDコスメを取り扱うメーカーがあります。

海外メーカーのCBDコスメの中には国内から手に入れられるものも多くなっていますが、まだまだ日本に入ってきていないCBDコスメも多数あるので、これからも目が離せません。

LOAD JONES

LOAD JONESは、最高級の原料を用いて最高級のCBDコスメを製造するCBDコスメの高級ブランドの1つです。
海外セレブに愛されているブランドのひとつで、海外の芸能人にも利用されています。
ファンタスティック・フォーやシン・シティに出演していたジェシカ・アルバも自身のインスタグラムLOAD JONESのCBDローションを紹介しています。

CannaCeuticals

CannaCeuticalsはIsodiol International Inc.が展開するCBD商品ブランドのひとつです。
こちらからも様々なCBDコスメが販売されています。
ブランドを展開するIsodiol International Inc.からはCBDコスメ以外にもCBDオイルやバーム、パッチの他、ペット向けのCBD商品や、スポーツをされる方のために改良したCBDバームやロールアウトなど幅広い商品を展開しています。
CBDを配合した様々な商品を展開しているため、CBDを配合したコスメにも高い効果が期待できます。

CBDコスメの魅力は色々!

CBDはお肌トラブルを解消する効果を持っていますが、当然それだけではありません。
CBDには、肌トラブルの改善以外にも、不眠や集中力の向上といった効果もあるので、CBDコスメを継続して使用することで、スキンケア以外の様々な効果を実感しながら肌トラブルの改善を目指せます。

肌トラブルの改善は、即時性のあるものではなく継続してはじめて実感できるものなので、本当に効果があるのか分からないまま何となく効いてそうといったレベルでしか判断できないものが多いです。

しかし、CBDコスメの場合は他の不眠解消や集中力の向上といった他の効果を実感することができたりするので、CBD摂取によるスキンケア効果も進んでいることが把握できます。
そのため、効果があるのか分からないままというようなことが無いので、スキンケア効果が出てくるのに期待しながら使えるというメリットがあります。

まとめ

海外では、セレブや芸能人もCBDコスメを使っている

現在ではCBDオイルが美容に効果的であるとしてエステでもつかわれている

CBDコスメは美容のために役立ちますが、CBDを配合したオイルを用いた美容エステを行うエステサロンも登場しています。
CBDを取り入れた施術を行っている有名なサロンには「たかの友梨ビューティ―クリニック」があります。
数々のエステ施術で非常に知名度の高いサロンであり、そのサロンがCBDを取り入れているということは、その分だけ効果にも期待が持てるということでもあるといえます。

まとめ

CBDはエステでもつかわれている

CBDコスメで気をつけなければならないポイント

CBDコスメを使う上で気をつけなければならないポイントはいくつかあります。
ここでは、代表的な3つのポイントについて紹介します。

CBDの摂取量には気をつける

CBDコスメを使って様々なスキンケア効果を期待する場合、CBDの摂取量に注意する必要があります。

なぜなら、CBDの最適な摂取量は人それぞれで違っています。
更により高い効果を得ようと沢山CBDを摂取しても効果が高くなるようなことはなく、CBDの過剰摂取となってしまいます。
CBDは過剰に摂取してしまうと効果が高まることはなく、逆にCBDの効果が低くなってしまったり、効果がなくなってしまいます。
そのため、良かれと思って沢山CBDを摂取するためにCBDコスメを過剰に使ってしまうとCBD効果が消失してしまい、効果を感じることができなくなってしまうため、適切な方法でCBDコスメは使用しなければなりません。

CBDコスメを使う場合は継続しての使用が必須

CBDコスメに限らず、どういった効果を持つコスメでもある程度の継続使用が必須となります。
特に、CBDコスメの場合、体内環境のバランスを整えるECSに働きかけてスキンケアなどの様々な効果を発揮するので高い効果を得るためには継続しての使用が必要不可欠です。

短期間使って、あまり効果を感じられないとしても継続して使うと効果を感じられるケースも少なくありません。CBDは徐々に体内のバランスを正常化してトラブルを改善していくので、CBDコスメを使う場合は、ある程度の期間は継続して使用するようにしましょう。

ヘンプコスメとCBDコスメは似て非なるもの


ヘンプコスメとCBDコスメの違いCBDコスメは日本国内でも徐々に増えてきていますし、海外では大きな市場になってきています。
しかし、CBDコスメを購入する際には気をつけなければならないポイントがあります。

それが「ヘンプコスメ」です。
どちらも、大麻草を原料としていることに違いはありません。
しかし、ヘンプコスメと呼ばれる商品の多くはヘンプシードオイルを配合したものになっており、CBDコスメのように豊富にCBDが配合されているわけではありません。

もちろん、ヘンプシードオイルにも有効成分であるカンナビノイドは配合されているので、ECSの調整効果には期待できますが、成分量の違いは効果の強さの違いにもつながるためあまり期待したような効果を得られないというケースもあります。

まとめ

CBD摂取量には気をつける必要がある

CBDコスメは継続して使う事が絶対条件

CBDコスメとヘンプコスメは似て非なるもの

そもそもヘンプシードオイルとは!?

ヘンプシードオイルとはヘンプシードオイルとは、その名の通り産業用の大麻草であるヘンプの種子から抽出したオイルでありこのオイルにも有効成分であるカンナビノイドが配合されています。

一方、CBDコスメは大麻草の茎や種子からカンナビノイドの1種であるCBDを抽出して配合した製品になります。

これを見ると、ヘンプコスメの方が有効成分のカンナビノイドを色々配合しているから良さそうに見えます。
しかし、配合されている成分量が圧倒的に違っています。
ヘンプシードオイルでは、どうしてもカンナビノイド量は少なくなってしまうのに対し、CBDコスメはCBDのみを抽出して豊富に配合しています。

また、ヘンプシードオイルとCBDではそれぞれ抽出の手法も違っていたりします。
CBDはより多くて良質なCBDを抽出するために専門的な抽出法を使っているのに対し、
ヘンプシードオイルは圧搾法と呼ばれる手法で抽出されます。
この手法は、ヘンプシードオイル以外にも、コーンオイルやオリーブオイルのような様々な植物性の食用オイルを抽出する際に用いられる手法です。
植物が本来持つ様々な栄養素を壊さずに抽出できる手法ではありますが、特定の成分のみを抽出するといったのには向かない方法となっています。

そのため、CBDのECS調整作用を期待してヘンプコスメを使うのはあまり効率の良い方法とはいえないのです。

また、ヘンプコスメを使う事によってCBDの効果を得ることはできるかもしれませんが、成分量に圧倒的な違いがあるため、ヘンプコスメを使っている=CBDを使っているとするのは少し無理がある表現になります。

まとめ

ヘンプシードオイルは種から抽出したオイル

CBDは種から抽出した成分

体内のバランスを整えるためにヘンプコスメを使うのは効率が良くない

ヘンプコスメとCBDコスメどちらがいいのか?

ヘンプコスメとCBDコスメは原料が同じであるものの、成分量の違いから期待できる効果が違っています。

ヘンプコスメは「THE BODY SHOP」などをはじめとして多数のメーカーで展開されており、CBDコスメを展開するメーカーよりも遥かに多くのメーカーが展開されています。

また、利用者側ではヘンプコスメ=CBDコスメと勘違いしているケースも多くみられるので、購入する場合にはコスメの原材料などを調べた上で購入する必要があります。

カンナビノイドがもつECSの調整作用を期待する場合は、CBDを豊富に配合しているCBDコスメの方が圧倒的に効果的です。

更に、CBDコスメとヘンプコスメではカンナビノイドの配合量以外にも、大きな違いがあります。

その違いというのが価格です。

豊富にカンナビノイドを配合しているCBDコスメの方が高くなっています。
なかにはそこまで高くない商品もありますが、より安いCBDコスメを探して最終的に購入したのがより安く購入できるヘンプコスメだった場合、あまりカンナビノイドの持つ効果を実感できずに終わってしまうこともあるので、購入の際は注意しておきましょう。

まとめ

CBDの効果を十分に得たいならCBDコスメを選ぶべき

オーガニック嗜好にピッタリのCBDコスメ

100%オーガニック成分CBDコスメが大きな注目を集めている理由は、CBDの持つECSの調整作用だけではありません。

CBDは大麻草由来の成分であり、科学的に作られたようなケミカルなものではなく100%オーガニックな成分になります。
そのため、オーガニック嗜好の方からの評価も高いのです。

更に、CBD以外に配合している成分も全てオーガニックな成分にすることで完全なヴィーガン対応のコスメとして製造、販売することも可能です。

前述の、HealthTOKYOが販売しているフェイスマスクも100%ヴィーガン対応のコスメとして販売されています。

まとめ

CBDは完全にオーガニックな成分だからヴィーガン対応にも適している

広がるCBD化粧品の輪

現在販売されているCBDコスメは、フェイスマスクをはじめとしたスキンケアの商品がほとんどです。

しかし、今年の4月に新たに発表されたのが、CBDを配合したメイク商品たちです。
CBDリップやアイクリーム、ハイライトを発表し販売しています。
これまでのCBDコスメ以外にも、CBDメイクアップ商品が次々と登場しており、今後もCBDを配合した化粧品は増えていくことが予想されます。

この記事のまとめ

CBDコスメはCBDを配合している化粧品

日本では2020年2月21日にCBDコスメの発売が発表された

日本発のCBDコスメメーカーはあり、増えてきている。

CBDコスメはCBDを配合していて、ヘンプコスメはヘンプシードオイルを配合している

オーガニックな成分で、ヴィーガン対応のCBDコスメもある

CBDの化粧品はケア用品だけでなくメイクアップ商品にまで広がってきている

上へ戻るボタン