ホーム » CBD料理レシピ » 【CBD DIYレシピ】寒い時にピッタリ!体の芯から温まるCBDホットアップルサイダーのレシピを紹介!

【CBD DIYレシピ】寒い時にピッタリ!体の芯から温まるCBDホットアップルサイダーのレシピを紹介!

寒い時にピッタリ!体の芯から温まるCBDホットアップルサイダーのレシピを紹介!

この記事で分かる情報

CBDを美味しく摂取できるドリンクレシピ

CBDホットアップルサイダーのレシピ

CBDを美味しく摂取したい!そんな人に向けてお送りするCBDドリンクレシピシリーズの第2弾は「CBDホットアップルサイダー」のレシピを紹介します。

前回は、夏でもサッパリ美味しく飲める「CBD抹茶ラテ」のレシピでしたが、今回は体の芯からホカホカ温まる寒い時に最適なドリンクレシピです。

CBDがもつ特有の癖が苦手なんていう人でも美味しくCBDを摂取できるので、寒い冬に向けて是非知ってきましょう!

さっぱりカラダも温まるCBDホットアップルサイダーのレシピ

ホットアップルサイダーホットアップルサイダーは、寒い日にピッタリの身体が芯から温まる美味しいドリンクです。

今回紹介するドリンクですがサイダーという名前がついていますが、いわゆる日本の炭酸入り飲料とは別物です。
海外ではサイダーは炭酸飲料を指すのではなく、リンゴ酒やリンゴジュースのことを意味します。

そのため、CBDホットアップルサイダーは温かいアップルサイダーではなく、いわゆる温かいリンゴジュースのようなものになるので、炭酸が苦手な人でも美味しく飲めるドリンクになっています。

CBDホットアップルサイダーを作るために準備するもの

CBDホットアップルサイダーに必要な材料は

リンゴジュースリンゴジュース
8カップ
シナモンスティックシナモンスティック
2本
オレンジオレンジ
1個
生姜生姜
1片
八角八角
3つ
CBDオイルCBDオイル
小さじ3~6

です。上記の量で大体6人分なので、必要な分や好みの味に合わせて分量を調整すると良いでしょう。

八角やシナモンを入れると風味が豊かになり美味しいですが、苦手な方は入れないで作ることも可能です。
また、酸味を加えるためにオレンジの代わりにレモンを使うといったこともできます。

CBDホットアップルサイダーの作り方

CBDホットアップルサイダーの作り方は非常に簡単で、飲みたいとおもってからすぐに作ることができるのも魅力の一つ。

1
オレンジと生姜をスライスします。
八角を折っておきます。
2
お鍋に1と残りの材料を全て入れます。
3
弱火で10~15分煮込んで完成です。

煮込んだCBDホットアップルサイダーを器に注げば完成です。

CBDが足りないような場合には、最後に追加で滴下してあげて調整してください。
オレンジの代わりにレモンを使う場合、最後にレモンを一緒に添えてあげれば、レモンを潰して酸味の調整も可能です。

ホットアップルサイダーは日本ではあまりなじみのないドリンクではありますが、一緒に煮込む生姜やシナモンの作用によって体を芯から温めてくれるので、寒さが強い日でも体を芯から温めてくれます。

寒い時期に美味しくCBDを飲むためのレシピとしては簡単ですし、最適なので是非一度お試しください!

この記事のまとめ

体を芯から温めてくれるホットアップルジュース

炭酸飲料じゃないから苦手な人も安心!

関連記事

上へ戻るボタン