ホーム » CBDワックス » 脱CBD初心者の道!CBDワックスについて紹介

脱CBD初心者の道!CBDワックスについて紹介

CBD上級者向け?そんなことない!CBDワックスについて紹介します!

この記事で分かる情報

CBDワックスとは?

他のCBD商品の違いは?

CBDワックスの使い方は?

CBDを配合したオイルやリキッド、コスメなど幅広い商品が登場していますが、初めて使う場合にはあまり向かない商品となっているのがCBDワックスです。
どちらも、それなりの価格がしますし使うために専用の器具が必要になったりと、いきなり手を出すには他のCBD商品に比べてハードルが高くなっています。
そのため、CBDを使い慣れた上級者向けの商品と思われがちです。

ですが、CBDワックスはCBDリキッドよりも強いCBD感を感じられたり、効果を実感しやすいという意見が多くなっています。
上級者向けのように見えますが、初めての人には向いていないというだけで、少しCBDを使った人がステップアップする先としてCBDワックスを使うというのは何ら問題はありません。

CBDワックスについての知識があることで、より充実したCBDライフを送ることが可能といえるので、CBDを既に使っている人でもこれからCBDを始めようと考えている人も是非知っておいた方が良いと思います!

大麻草由来の成分であるCBDは使っても平気?

CBD商品は近年大きな広がりを見せています。
しかし、実際にCBDを使ってみようと考えた時に気になるのが、CBDって大麻からできるんでしょ?使って大丈夫なの?ということです。

実際CBDは大麻草由来の成分である「カンナビノイド」の1種であるため、当然の疑問ともいえるでしょう。

ですが、CBDにはいわゆる麻薬の大麻のような作用はありません。
麻薬の大麻を使ってキマったり、依存したりするのは同じ大麻草由来の「カンナビノイド」の1種である「THC」という成分が由来になっています。

CBDはキマる作用も依存性もなく使えるとWHO(世界保健機関)からも報告がありますし安心して使えます。

また、日本で流通しているCBD商品は大麻草の茎や種子から抽出したCBDを使っています。
大麻取締法では、大麻草の成熟した茎や種子の製品は、大麻取締法の適応外と明文化されているため、CBD商品を使って法的な問題に問われるということもありません。

そのため、CBD商品は完全に合法的かつ安全につかえるのです。

超高濃度CBDを感じられるCBDワックス!

CBDワックスとは、高濃度CBDを配合した固形やジェル状のCBD商品になります。
イメージとしては、CBDリキッドやオイルの粘度がものすごく高いものや半固形状になったものになります。

非常にCBDの濃度が高く、商品によってはCBD濃度が90~99%とほぼCBDそのものといったものも多いので、より効率的にCBDを沢山摂取したいという場合に役立ってくれます。
また、CBDワックスは、大麻草からCBDを含んだ様々な成分を抽出して成分の調整を行っていたりするので、CBD以外にもテルペンやミネラルを豊富に含んでいたりします。
これはワックスの抽出法によっても変化するので、CBDワックスを購入する場合には確認しておくとより自分好みの商品見つけやすくなるでしょう。

まとめ

CBD濃度がオイルやリキッドより高い!

CBDの抽出方法による違いとは?

フルスペクトラムやブロードスペクトラム、アイソレートなどCBDの抽出法にはいろいろな種類がありますが、それぞれの手法による違いは何なのでしょうか?
CBDについて多少しっている方であれば、フルスペクトラムやブロードスペクトラムの違いは何となくわかるという人も多いでしょう。
多くのCBDワックスはフルスペクトラムかブロードスペクトラムとなっており、CBDだけでなくテルペンなども含まれているため、アントラージュ効果にも期待できます。

フルスペクトラム

フルスペクトラム多くのCBD商品で採用されているCBDの抽出法となっているのがフルスペクトラムです。

フルスペクトラムを英語にすると「FULL SPECTRUM」で、「SPECTRUM」は範囲を意味する単語なので、フルスペクトラムは全範囲を意味し大麻草からCBDを含むカンナビノイド全てを抽出するといった意味合いになります。

そのため、CBD以外にも大麻草に含まれる天然のミネラルやテルペン、CBD以外のカンナビノイドなど様々な成分が配合されています。
全ての成分を抽出しているということは、THCなどの麻薬成分も抽出しているから危ないのでは?と考える人もいるでしょう。
ご安心ください。フルスペクトラムはカンナビノイドの抽出後にTHCを除去しています。
そのため、フルスペクトラムのCBDを摂取しても麻薬のような作用があらわれたりすることはありませんし、依存することもありません。
また、CBDと一緒に抽出された成分とCBDがアントラージュ効果を生み出して、CBDの効果をより実感しやすくなったりするといわれています。

ブロードスペクトラム

ブロードスペクトラムフルスペクトラムの対になるCBDの抽出法となっているのがブロードスペクトラムです。
フルスペクトラムと対になる手法ということで、CBDだけを抽出する方法と勘違いされやすいですが、それは間違いです。

ブロードスペクトラムは英語で「BROAD SPECTRUM」となり「BROAD」は「広い」といった意味になります。
すなわち、ブロードスペクトラムは広範囲という意味になるのでCBD単体ではなく、CBD+αの成分を配合した商品であるという意味合いになります。

また、ブロードスペクトラムは正確には抽出法ではなく製造法を意味する言葉になります。
フルスペクトラムは全ての成分を抽出した後にTHCなどを除去していますが、ブロードスペクトラムはCBDだけに精製したものに、他の成分を追加して作ります。
このとき追加する成分の数に制限などはなく、CBD+1種の成分でも、CBD+10種の成分でもブロードスペクトラムと呼ばれるので、購入する商品によってあの成分は入っているけど、この成分はこちらの商品には入っていないなんてこともあります。

CBDに様々な成分を追加して作るブロードスペクトラムには当然、THCは配合されていません。

アイソレート

CBDアイソレートは、CBDだけを抽出したものになります。
「ISOLATE」には孤立や分離、単離といった意味で、大麻草由来のカンナビノイドの中からCBDだけ分離して精製した物なのです。
そのため、CBDアイソレートは言い換えればCBDそのものなので基本的に99%以上の濃度になります。

ディスティレート、テルペソレート

新たなCBDの抽出法となっているのが、ディスティレートテルペソレートです。
ディスティレートは、カンナビノイドを蒸留してCBDを抽出したものになります。
蒸留の過程でCBD以外のテルペンやミネラルなどが沸点を越えてしまいますが、蒸留したCBDに対して後から植物性のテルペンを追加してCBD+テルペンといった商品を作ることが可能になっています。
蒸留の過程で不純物を取り除くことができるので、より安全かつ安心なCBD商品となります。

一方のテルペソレートは「テルペン+アイソレート」の造語で、純粋なCBDのアイソレートにテルペンを添加したものになります。
これで、CBDアイソレートでは得られなかったアントラージュ効果を得ることができるようになるので、より高いCBD効果に期待できるようになります。

ディスティレートやテルペソレートはどちらも「CBD+α」であることには変わりません。
そのため、ブロードスペクトラムと大きな違いはないとも言えます。
ただ、ディスティレートはCBDの抽出に蒸留を用いているため、より安全に使うことができたりするといったメリットがあるようです。

抽出法の違いは

・大麻草から抽出した成分からTHCを取り除いた「フルスペクトラム」
・フルスペクトラムの抽出物からCBDだけを精製した「アイソレート」
・CBD単品に対して成分を追加した「ブロードスペクトラム」
・蒸留で不純物を取り除きながらCBDを抽出する「ディスティレート」
・純粋なCBDであるアイソレートにテルペンを加えた「テルペソレート」

の5種が現状ある商品では多くなっています。

フルスペクトラム、ブロードスペクトラムはCBD+αの成分でアントラージュ効果にも期待できますが、CBDそのものであるアイソレートではアントラージュ効果はありません。
純粋にCBDだけを摂取したいと考えているような場合にはアイソレートが役立ちます。
ディスティレート、テルペソレートは抽出法は違うものの、ブロードスペクトラムと大きな違いはありません。

まとめ

抽出の方法によってメリットなどが微妙に違う

CBDワックスは蒸気吸引が基本になる!

CBDワックスの摂取方法は、CBDリキッドと同じ蒸気吸引が基本になります。
蒸気化の方法はVAPEやヴェポライザーと呼ばれる専用器具を用います。
CBDリキッドの摂取方法と同じではありますが、リキッドとは違ってワックスは半固形やジェル状の非常に粘度が高いものになるので、ワックス専用のヴェポライザーが必要になります。

通常のCBDリキッドで使うVAPEはそのまま電子タバコにも使えたりしましたが、ワックス用のヴェポライザーはワックスを吸引する以外の使い道がありません。
CBDワックスを使ってみて、あまり良くなかったというような場合はワックスだけでなくヴェポライザーまで無駄になってしまうのが、ワックス使用の1つの大きなハードルになっているといえます。

ただ、CBDワックスはリキッドよりも美味しくCBDを吸引できるとして好きな人にとってはたまらないものになっています。
また、CBD濃度も高く効率的にCBDを摂取することができるといったメリットも持ち合わせています。
CBD特有の癖が好きという方であれば、ガツンとCBDを感じることができるので最適といえるでしょう。

ただし、CBD濃度が非常に高いのでリキッド感覚で一気に吸引するとむせてしまいやすいので、CBDワックスを初めて使うときはゆっくり吸引するようにしましょう。

また、CBDワックスを吸引するためのヴェポライザーの中には、幾つかの吸引方法が使えるタイプも存在します。

DIPDUBと呼ばれる方法があり、DIPはCBDワックスに直接コイルを付けて蒸気にしたワックスを吸引する方法になります。

DUBは通常のVAPEのように、器上になったコイルにCBDワックスを入れて蒸気化したものを吸引する方法になります。

DIPで吸引する場合、面倒なセッティングなどを必要とせず、CBDワックスの容器にコイルを付けて、ワックスを付着させてそのまま吸引することができます。
そのため、VAPEなどのようにリキッドを入れてから十分にリキッドが吸収されるまで待つ必要がありません。
吸いたいと思ったら、すぐに使えるのがDIPでのワックスを吸引するときの特徴です。

DUBもリキッドのように待つ必要はありませんが、器上のコイルにワックスを入れる必要があります。
ただ、事前に準備する余裕がある場合は、器上のコイルにワックスを入れてセッティングさえしておけば、すぐに吸引できます。
外出先でもワックスを吸引したいというような場合には、この方法が適しているといえます。

DIPでもすぐに吸引できますが、ワックスも一緒に持ち歩く必要があったりと荷物が増えたりしてしまいます。
そのため、自宅などで吸引する場合には適していますが、外出先での吸引には適していません。

また、バッグにワックスを入れて持ち歩いている時にワックスの蓋が空いてしまい、バックの中でワックスが飛散しているなんて言うようなことになると目も当てられません。
そうならずとも、吸引のためにはワックスを取り出しコイルにワックスを付けて吸引する必要があるわけですから、その分大変です。

吸引方法によって、かかる手間や他の人から見た時の印象などが変わるので適切な吸引方法を選ぶ必要があります。

まとめ

ワックスは蒸気摂取が基本

蒸気摂取のためにはワックス専用のヴェポライザーが必要

ジェルワックスは固まってしまうこともある

固まったワックスの利用方法半固形のワックスやジェルワックスは固まってしまうことがあります。
そうなってしまうと、吸引することができなくなってしまいます。そんな時はワックスを湯煎して溶かしてあげることで再び吸引することが可能になります。
なので、CBDワックスが固まってしまったからといって、そのまま使えないと捨ててしまうのではなく、適宜湯煎してあげて最後まで使い切るようにしましょう。

CBDワックス自体が安いものではないので、最後まで使い切るようにした方がコスパも高くなります。

まとめ

CBDワックスが固まってしまった場合は湯煎して溶かして使う。

ワックスを使う上での注意点

CBDワックスには、使う上での注意点があります。
これは、CBDオイルやCBDリキッドを使う場合の注意点と同じです。
CBDを摂取することによって、不眠の解消や集中力の向上など様々な効果を得ることができます。
しかし、その効果のひとつである傾眠作用によって、眠気に襲われてしまう可能性もあります。
そのため、CBDオイルやCBDリキッドは運転の前や高所での作業前の摂取は控えるようにいわれています。

CBDワックスでは、より効果が強く出るといわれているため、運転前や高所での作業前の使用はオイルやリキッドを摂取するよりも危険性が高いといわれています。
そのため、CBDワックスを使う場合には運転や高所での作業が無く、リラックスするために使うといった時の使用が推奨されています。

まとめ

CBDワックスの使用は運転前や危険な作業前は避ける

フルスペクトラムで高濃度だから高い効果に期待できる

CBDワックスの魅力は何といっても、そのCBD濃度にあります。
大麻草から高濃度で抽出したカンナビノイドやテルペンから麻薬成分であるTHCを取り除いているため、法的な問題などもないので安心して使ってもらえます。

CBDワックスを使った人の多くが、CBDリキッドやオイルに比べて強いリラックス感を感じるといった感想なので、オイルやリキッドではそこまでリラックスできていないと感じる方は試してみる価値はありそうです。

ただ、このリラックス感についてはあくまでも主観的な要素が強いので実際に試したけどそこまでだったという結果になる可能性があることも把握しておきましょう。

まとめ

CBDワックスは強いリラックス感を感じられると評判

ただし、リラックス感は主観的な要素が強い点には注意

この記事のまとめ

CBDワックスは粘度の高いオイルや半固形で蒸気摂取する

CBDワックスは高濃度のものが多く、専用のヴェポライザーが必要

上へ戻るボタン