ホーム » CBDオイル » CBDオイルについてもっと知ろう

CBDオイルについてもっと知ろう

CBDオイルについてもっと知ろう

この記事で分かる情報

CBDオイルってどんなもの?

CBDオイルを使って得られる効果について

CBDオイルの使い方

CBDオイルの選び方

CBDオイルのメリットやデメリットは?

大麻草から抽出されたCBDを配合したCBDオイル

大麻草から抽出されたCBDを配合したCBDオイル大麻草から抽出される有効成分「カンナビノイド」。
カンナビノイドは104種類もの成分の総称であり、その中の一つがCBD(カンナビジオール)です。
大麻草由来の成分であるカンナビノイドにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分も含まれ、このTHCが違法薬物である大麻がもつキマるといった精神作用や依存性を持つ成分となっています。
一方、CBDは、WHO(世界保健機関)から依存性はみられず、てんかんなどの治療に役立つといった証拠もあると報告されています。
そんな大麻草の有効成分であるカンナビノイドの1つCBDを大麻草から抽出し、オイルに配合したのがCBDオイルです。

CBDオイルはその名の通りCBDを配合したオイルでありTHCはほぼゼロというほど含まれていないため、麻薬成分はほとんど配合されていないので、CBDオイルを使ってキマるというような麻薬を使ったときのような効果を得ることはできません。

こうしたことを可能にしている要因は様々です。
メーカーのCBD抽出技術の向上や、原料となる大麻草自体に含まれるTHCが0.3%未満の産業用の大麻草が使われる為です。

そのため、CBDオイルは誰でも安心して合法的に使う事ができます。

まとめ

大麻草より抽出した有効成分のカンナビノイド配合したオイルがCBDオイル

CBDを抽出する大麻草は産業用で麻薬成分であるTHCはほぼナシ

CBDオイルを使うのは違法じゃない?

CBDオイルは違法薬物である大麻のような効果が無いといっても、やはり元となっている原料は大麻草ということで、それは法律的にまずいんじゃないか?と考える人も少なくありません。

これは、もっともな心配であると言えます。
基本的にCBDオイルは安全に使うことが可能です。
そもそも、違法薬物である大麻は大麻草の葉や花を乾燥、樹脂化させたものです。
一方、CBDオイルに配合されているカンナビノイドは大麻草の成熟した茎や種子から抽出されたものになります。

現在、日本国内で施行されている「大麻取締法」では、大麻草の所持や栽培は規制、使用は規制されています大麻草の成熟した茎や種子の製品はその対象から除外されています。

そのため、茎や種子から抽出したCBDを配合したCBDオイルも規制の対象ではなく法的にも認められている商品なのです。

ですから、CBDオイルを使うことに何ら違法性はないので、安心してお使いいただけます。

まとめ

CBDオイルのCBDは大麻草の茎や種子から抽出している

茎や種子の製品は法律によって規制されたものではなく、安心して使える。

CBDオイルを使うとどんな効果があるの?

カンナビノイドを豊富に配合しているCBDオイルを使うとどういった効果があるのでしょうか?
CBDオイルを使う事で、CBDがもつ様々な効果を得ることができます。

CBDオイルは体内のバランスを調整する効果を持っている

人の身体には、ECS(エンドカンナビノイドシステム)と呼ばれる恒常性の調整機能が備わっています。
恒常性はホメオスタシスなどとも呼ばれ、体内環境を一定の状態に保とうとする作用です。

特に、食欲や痛み、炎症や免疫機能調整、感情コントロールや神経保護、骨の健康など様々なことのバランスを保っています。

ECSがもつ調整機能(一例)

免疫調整感情制御痛み
食欲神経保護運動機能
発達と老化認知と記憶

ECSは老化やストレス、病気などで内因性カンナビノイドの分泌が低下してしまうと調整機能が低下してしまいます。

CBDオイルは、CBDを体内に直接取り込むことができ、内因性カンナビノイドと同じように体内の様々な場所にあるカンナビノイド受容体と呼ばれる部分と結合しバランスを保ちます。

その結果、病気などでECSのバランスが崩れてでた様々な症状が、ECSのバランスが保たれるようになって強かった痛みが緩和したり、落ちてしまった食欲が増したり、炎症が改善したりと様々な効果に期待できます。
ECSでは様々な事のバランスを調整しているため、CBDオイルの持つ効果は非常に幅広いのです。

まとめ

CBDオイルに配合されているCBDが体のバランスを整える

バランスが整えられることで、いろいろな症状を緩和、改善する。

CBDオイルの使い方は?

CBDの使用方法
CBDを豊富に配合しているCBDオイルですが、その摂取法はどのようにするのでしょうか?
ここからは、CBDオイルの摂取法や摂取のポイントについて紹介していきます。

CBDオイルの使い方は3種類!

CBDオイルを使う方法は3種類あります。
直接口に含んで使う方法、お肌に塗って使う方法、食べ物や飲み物に垂らして使う方法です。

基本となるのが直接摂取する方法

使い方①CBDオイルが入っているボトルの多くが、キャップがスポイトになっています。

このスポイトにCBDオイルを吸い上げて、直接口の中にオイルを垂らして摂取する方法が基本になります。

口の中であればどこに垂らしても良いというわけではなく、舌の下側(舌下)にオイルを垂らして摂取する方法です。

舌の下に垂らす理由は、CBDオイルの吸収に大きく関係しています。

直接、CBDオイルを飲み込んでしまうとCBDオイルは食道、胃、腸などの消化器の血管から吸収されていくため吸収されるまでの速度が遅く、吸収されるCBD量も少なくなります。

しかし、舌の下には動脈、静脈があり血管があり特に下の裏側には舌下静脈と呼ばれる血管が2本通っています。

舌の下にCBDオイルを垂らして摂取する場合、舌下静脈などの血管にCBDオイルを素早く吸収させられるので、効果がより実感しやすくなります。

お肌へ塗ってお肌から吸収させる方法

使い方②CBDオイルを摂取する方法は舌の下に垂らす方法以外にも、お肌に塗って皮膚から吸収する方法もあります。

この方法は、オイルを塗った場所のみに対して効果を発揮するので全身的な効果を求めるような場合にはあまり適していません。

部分的な痛みを和らげるために使うといったような場合にCBDオイルをお肌に塗って使う方法は優れています。

全身に対して効果を発揮させるのか、部分的な効果を期待するのか。

それを考えた上で、摂取する方法を選ぶと良いでしょう。

食べ物や飲み物にCBDオイルを垂らして一緒に吸収する

オイルとヨーグルトCBDオイルを食べ物や飲み物に垂らして摂取する方法もありますが、この方法は直接摂取する方法の項目でもお話したように、CBDオイルの吸収が消化器で行われます。

そのため、吸収率はこれまで紹介した摂取方法と比べると大きく低下してしまいます。

完全にCBDの成分が吸収されないというわけではないですが、吸収効率はとても悪くなってしまうのでより効果的にCBDオイルを使いたい場合は、舌の下へ垂らすかお肌に塗って使うようにしましょう。

まとめ

CBDオイルの摂取方法は舌下、経皮が基本

舌下は全身、経皮は局所的な効果に期待できる

摂取のタイミングは自由だけど…

タイミングや使用回数は?CBDオイルを使う上で知っておきたいことの一つが使うタイミングです。
お薬を使う場合、食前、食間、食後などタイミングが薬の種類によって変わります。
また、薬は朝昼晩、朝晩、朝だけというように1日に服用する回数も全て決められています。

CBDオイルは薬ではないので、使うタイミングに決まりは基本的にありません。
ですが、食後よりは食前に使った方が吸収効率は高いという意見もあります。
また、CBDオイルには睡眠への導入作用があるため、高所での作業や運転の前に使うと、眠気に襲われてしまい、危険な場合があるので注意が必要です。

使う回数については朝昼晩の3回が推奨されています。
朝昼晩の3回使うことで、朝から寝ている間まで常に体内にCBDがある状態を保てます。
CBDが体内にある状態になることで、ECSが1日中働き、CBDの様々な効果を1日中維持することができます。

まとめ

CBDオイルの空腹時の好きなタイミングで摂取

摂取する回数は1日3回

摂取する量はよく考えて!

CBDオイルを使うタイミングは自由ですが、1日3回使う事は分かってもらえたと思います。
では、1回で使う量はどのぐらいが良いのでしょうか?
1回当たりで使うCBDオイルの量は使うオイルの種類や使う人によって違います。

最適な効果を得られる適量は人によって違い、その適量のことをスイートスポットといった呼び方をします。
CBDオイルは使う量が少なすぎて思ったような効果が得られませんし、使う量が多すぎても逆に効果が薄くなってしまったりします。
個人個人でスイートスポットは違うので、CBDオイルをより適切に使うためには、まず自分のスイートスポットを見つけることが重要です。

自分のスイートスポットを見つける方法は?

メモで見つけるスイートスポットCBDオイルを使う上で、知っておきたいスイートスポット
しかし、それを見つけるのは少し工夫が必要です。
自分に合った量を見つける方法は色々ありますが、最も簡単な方法は徐々に使う量を増やしていく方法です。

例えば、

使用開始からCBDオイル使用量効果の有無や大きさ
1週目1回1滴効果はあんまりだった
2週目1回2滴少し効果があった
3週目1回3滴効果を実感できた
4週目1回4滴効果が弱まった気がする

このように、1回に使う量を週ごとに増やしていき、その時に感じた効果の有無や強さについてメモをしていくようにすることで、自分にあった適量を見つけられます。

上記の場合、

・1回2滴だと効果が弱いので使用量が少ない

・1回4滴だと多すぎて効果が薄くなってしまっている。

このことから、自分のスイートスポットは1回3滴というのが把握できるのです。

スイートスポットを見つけるまでは少し地道な作業になってしまいますが、CBDオイルの良い効果を得るためにも必要な事なので、根気よく続けて自分のスイートスポットを見つけるようにしましょう。

もしCBDオイルを過剰に摂取してしまっても大丈夫?

薬やサプリメントの過剰摂取は、大きな副作用などに繋がるケースもありますが、CBDの場合は「CBD1,500mgを1日に摂取しても身体的な害がなかったという報告※」もあります。
1日1,500mgというのは、一般的なCBDオイルの場合、1日に2本より更に多く使って初めて超える量なので、間違って過剰摂取してしまうことも無いでしょう。
また、過剰に摂取したとしても上記の報告にあるように身体への害が見られなかったという報告もあるので、安心して使えます。

まとめ

CBDオイルを使う量は徐々に増やす

スイートスポット(適量)は人によって違う

摂取するときのポイント

摂取のポイントCBDオイルを使うときにもいくつかのポイントがあります。
使い方でもお話しましたが、舌の下にスポイトでオイルを垂らして使います。
この時、舌の下に垂らしてすぐに飲み込むのではなく、舌の下にオイル垂らした後、舌を戻してしばらく飲み込まずに溜めておきましょう。
そうすることで、舌の裏にある血管へより多くのCBDが吸収されて効果を得やすくなります。
逆に、すぐに飲み込んでしまうと舌の下に垂らしているのに、直接飲み込んで胃や腸で吸収されるのと変わりがなくなってしまいます。

飲み込まずに我慢しておく時間は、1~2分ほどです。
始めのうちは少し長いと感じるかもしれませんが、慣れてくると特に苦労することもないので、溜めてから飲むように意識しましょう。

また、舌を持ち上げたままだと舌の裏側からオイルが吸収されないので飲み込まずに溜めておく意味がなくなってしまうので注意しましょう。

初めてでスポイトで垂らすのが難しい!そんな時はスプーン

CBDオイルの使い方に慣れていないと舌の下にオイルを垂らすのが難しいという場合があります。

そんな時は、ティースプーンなどに予め使う分のCBDオイルを垂らしてスプーンで舌の下に入れるようにしましょう。

CBDオイルの独特の癖や苦みが苦手な人は、フレーバー付きを

CBDオイルの持つ独特な味が苦手という人もいます。逆にこの苦みが良いという人も。
苦みが苦手な場合は、予めオイルにフレーバーが付けられているようなCBDオイルを使うようにすることで、苦みを抑えながらCBDオイルを使うことが可能です。

フレーバーのついていないオイルを購入してしまっている場合は、舌の下に垂らして使った後に、牛乳などの乳製品を飲んだり、甘いものを食べるなどして緩和させられます。
それでも、どうしてもCBDオイルの味が苦手という場合は、別のCBD商品を試すようにしてみるといいかもしれません。

まとめ

CBDオイルは飲み込まずに舌の下に溜めてから飲む

スポイトが苦手ならスプーン、味が苦手ならフレーバー付きのオイルを使う

CBDオイルを選ぶポイントは?

CBDオイルとして販売されている商品の数は非常に多くなっています。

その中から自分に合うものを見つけるのは大変ですが、より良いものを選ぶためのポイントを知っておくと自分に合うものを見つけやすくなるでしょう。

CBDオイル選びのポイントはいくつかありますが、ここでは5つのポイントに絞って紹介します。

CBDの濃度(含有量)で選ぶ

CBD濃度とは?CBDオイルを選ぶときのポイントの1つがCBDの濃度(含有量)です。
多くの場合、CBDオイルの商品ごとに〇%や〇mg/〇mlといったように書かれています。

〇%はCBDの濃度を示しています。
%の数値が高いほどCBDの濃度が高くなります。
〇mg/〇mlはCBD含有量とオイルの内容量を示しています。
例えば、500mg/10mlというように書かれている場合、オイルは10ml入っておりその中に、CBDの成分が500mg配合されているので濃度は5%となります。
ここで、注意しなければならないのは単純にCBDの量が多い=濃度が濃いというわけではない事です。
CBDが入っているオイルの量が増えれば濃度は下がります。
500mg/50mlといった場合、濃度は1%なので上の例と同じCBD量なのに濃度が違うので、単純にCBDの量だけで選ぶのではなくオイルの内容量についても調べることが重要です。

摂取する量はよく考えて!」の項目でも紹介したように、使う人によってスイートスポットは異なります。

当然、CBD量の違うオイルの場合もスイートスポットは変化します。
例えば、10mgのCBDを摂取するために必要になるCBDオイルの量は

濃度が濃いものなら、必要になるCBDオイルの量は少ない

濃度が薄いものなら、必要になるCBDオイルの量は多い

このようにオイルの濃度によって、目的のCBD量を摂取するために必要になるオイル量は増減します。
逆に、少ないCBD量で十分な効果を得られる場合、濃度の濃いCBDオイルを使うとCBDの過剰摂取になってしまう場合もあるので「CBDの濃度が高いもの=良い」というわけではありません。自分に適した濃度やCBD量のオイルを選ぶようにしましょう。
上記のことも踏まえて、初めてCBDオイルを使うような場合は、CBD濃度がある程度高いものを少しずつ使っていくのがお勧めです。

味や使いやすさ飲みやすさで選ぶ

CBDオイルには、独特な苦みや癖があります。
この苦みや癖が好きな人もいれば、全くダメという人もいます。
CBDオイルは続けて使うことで効果が現れるようなものなので、味が苦手となると続けること自体が難しくなってしまいます。
そうならないようにするためには、フレーバーがついているようなCBDオイルを選ぶというのも一つの手です。

味については初めての場合、分からないことも多いので近くにCBDオイルを販売しているような店舗がある場合、実際に店舗に足を運んでみるのもオススメです。
店舗の中にはオイルの試飲などができる場合もあるので、実際に味を見てオイルを選ぶといったことも可能です。

価格で選ぶ

CBDオイルの値段で選ぶCBDの配合量や味などで選ぶ方法以外にも、CBDオイルの値段で選ぶ方法もあります。
CBDオイルは使い続けることが重要なので、無理に高いものを購入しても負担が大きくなりすぎて、続けられなくなってしまうことも。

使い続けるためには、負担が大きすぎない範囲のものを選ぶようにしましょう。
また、値段だけ見るのではなく、オイルの容量とCBDの配合量、自分のスイートスポットもあわせて考えてみるとお得に購入できる場合もあります。

キャリアオイルで選ぶ

CBDオイルは100%大麻草から抽出されるものではなく、キャリアオイルと呼ばれるCBDの成分をより体内に運びやすくするためにオイルで薄められています。
CBDなどのカンナビノイドは油に溶けやすい性質を持っており、そのオイルを摂取することでより効率的にCBDを体内へ吸収することができます。

CBDオイルのキャリアオイルとしてよく使われるのが、ヘンプシードオイルやMCTオイル、オリーブオイルなどです。
ヘンプシードオイルにはオメガ3脂肪酸が多くサプリメントとしても利用されていて、オイルからの効果にも期待できたり、MCTオイルは沢山のCBDを溶かすことができるので濃度が高いCBDオイルによく使われています。
オリーブオイルも様々な成分を含んでいるので良い効果に期待できます。

それぞれのキャリアオイルには上記のようにメリットがありますが、デメリットもあります。
メリットやデメリットを知って選ぶという方法も可能です。ただし、キャリアオイルで選ぶよりは、これまでに紹介した濃度や価格、味などで選ぶ方がより重要なので、最初からキャリアオイルで選ぶようにするのは控えましょう。

CBDオイルの人気度合いで選ぶ

初めてCBDオイルを使うような場合、オイルの味が分からない、価格に関してもわかりづらい。
キャリアオイルで選ぶのも難しいといった状況になるのは珍しい事ではありません。
そんな時にオススメな方法となっているのが、CBDオイルの人気で選ぶ方法です。
また、既に使っているCBDオイルから別のオイルに変えてみようと考えた時にも人気で選ぶのは有効です。

CBDオイルを製造・販売しているメーカーは多くなっていますが、その中で人気を獲得しているメーカーはそこまで多いわけではありませんし、人気を獲得するということはそれだけ多くの人から何かしらの理由で支持を得ているわけなので使ってみる価値があるわけです。
そのため人気のCBDオイルを使ってみるというのは、非常に有効な方法といえます。

Koi Naturals CBDオイル

Koi Naturals CBDオイルCBDオイルの中でも初めての人にオススメと言えるのが「Koi Naturals」のCBDオイルシリーズです。
こちらのオイルは、6つのフレーバーで商品展開されています。
フレーバーがついていないナチュラルを筆頭に、レモンライム、オレンジ、ストロベリーなどのフルーツフレーバーやペパーミントやスペアミントといったミントフレーバーまで幅広く取り揃えています。

CBDオイルは使ってみたけど、味が苦手という方もいるため、フレーバーが付けられて美味しく毎日続けられると評判のKoi Naturalsはオススメといえるのです。

AZTEC CBDオイル

AZTEC CBDオイルAZTECのCBDオイルは、濃度の範囲が広いという特徴があります。
一般的なCBDオイルの濃度は、3~10%の物が多くそれ以上の濃度のCBDオイルは珍しい部類になります。
そんな中、AZTECは、15%や40%といった非常に高濃度のCBDオイルを販売しています。
CBD濃度が高くなると、その分だけ価格は高くなってしまいますが服用量が相対的に減る形にはなるので濃度が高いものの方が、コストを抑えられたなんていう場合もあります宇。

もちろん、濃度が高すぎて効果が逆に薄くなってしまったり、全く感じなくなってしまう可能性もあるのでCBDオイルの使用に少し慣れてからがオススメです。

ENDOCA CBDオイル

ENDOCA CBDオイルCBDオイルを販売するメーカーの中でも、ENDOCAでは通常のCBDオイル以外にも、CBDオイルをカプセルに入れた商品を販売しています。
カプセルにCBDオイルが入っているので、サプリメント感覚で服用してCBDオイルを摂取することができます。
CBDオイルの味が苦手な方は、こうしたカプセルでオイルを摂取できるというのもメリットになるといえます。

しかし、オイルを摂取するにあたって、舌の下にオイルを垂らすのと、直接飲むのではCBDの吸収率などに違いが生まれるため、より効率的に効果を得たいと考える場合は、フレーバー付きのオイルの方に分があると言えます。

PharmaHemp CBDオイル

PharmaHemp CBDオイルPharmaHempのCBDオイルはコストの面で人気を誇るオイルとなっています。
コストが安いと言っても、メーカーが信頼できないということはなく、長い歴史と実績を持ち合わせながら、コストが抑えられているの、安心して使うことができるのも、魅力といえます。

継続して使用することが基本となるCBDだからこそ、信頼できるメーカーで価格が控えめというのはそれだけでも十分に人気の理由となります。
CBDの効果を実感しているが、継続して使うにはコストの面で難しい。
そうした場合に、PharmaHempのCBDオイルは適していると言えます。

CBDオイルのレビューを見て選ぶ

人気度と共に参考になるのが、実際にCBDオイルを使っている人のレビューを見て選ぶ方法です。
人気商品のカタログを見て選ぶのも良いですが、カタログはどうしても良い部分しか紹介していなかったりします。
一方、実際に人が使ったレビューの場合は、良い部分悪い部分それぞれに紹介してくれていたりします。
メリットだけでなく、デメリットも知った上で選ぶ事で、より自分に適したCBDオイルを見つけることが可能になります。

当サイトでも、CBDオイルのレビューを行っているので、気になる商品があれば、是非一度参考にしてみてください。

メーカーCANNAPRESSOKoiENDOCACBDfx
商品画像CANNAPRESSOKoiENDOCACBDfx
CBD量500mg1000mg1500mg500mg
価格8,900円11,800円23,980円8,980円
レビュー記事レビューはこちらレビューはこちらレビューはこちらレビューはこちら

CBDオイルの購入方法は?

CBDオイルを選んだあとは、実際に購入するだけ。
購入方法は非常に簡単で、販売店舗かネット通販で購入します。
販売店舗が近くにある場合はすぐに手に入れることが可能ですが、ネット通販で購入する場合は1~7日程度の配送時間が必要になるので、ある程度前もって購入しておく必要があります。

その分、ネット通販の場合は品ぞろえが豊富なので自分好みのCBDオイルを見つけやすいといったメリットがあるので、店舗販売、ネット通販自分に合った方法でCBDオイルを購入するようにしましょう。

CBDオイルのメリットとデメリット

CBDオイルのメリット・デメリットCBDオイルを使う事によって得られるメリットやデメリットについてまとめてみました。
他のCBD商品を使っていて、CBDオイルの利用を迷っていたり、これからCBDオイルを使おうと考えている人は是非参考にしてみてください。

CBDオイルのメリットは?

高濃度の物も多い

オイルを使うための専用器具がない

いつでもどこでも簡単に使える

効果持続が長い

CBDオイルのメリットは、CBD含有量が多いオイルが多数あり、ボトルは小さめなので持ち運びも容易。
キャップのスポイトを使ってそのまま使えるので、使う場所も選びません。
また、吸収が緩やかなので長く効果を実感し続けられることができます。

CBDオイルのデメリット

濃度に比例して価格が高くなるので高価

独特の味に好き嫌いが別れる

吸収率が低いので、効果が現れるまでが長い

ボトルを落として破損することも

CBDオイルを使う上で出てくるデメリットは上記になります。
価格が高いのは、配合されているCBD量がリキッドなどと比べても多い傾向にあり、CBDの量や濃度に比例して価格は高くなるので、比較的高価なものが多いという特徴があります。

また、リキッドなどと比べると体内での吸収率が低いので、即効性に欠けます。
速やかな効果を期待する場合はリキッドを使うようにしましょう。

CBDオイルのボトルは基本的にガラスなどでできているものが多く、落としてしまうと瓶が破損してしまうことも。
ご家庭に小さな子供がいるような場合、ボトルが破損してしまうと子供がケガをしてしまう可能性があり、非常に危険なのでボトルの取り扱いには注意が必要です。

もちろん、上のことが全てというわけではないので、実際に使ってみるとここがちょっと…ということもあるかと思います。

この記事のまとめ

CBDオイルは大麻草より抽出したCBDを配合したオイル

CBDオイルの摂取で、体内のECSをサポートして様々な効果を得られる

CBDオイルは、舌の下に垂らして使ったり皮膚に塗って使う

CBDオイルの選び方は濃度や価格、味で選ぼう

CBDオイルのメリットやデメリットは様々

関連記事

上へ戻るボタン