ホーム » CBDオイル » CBDフルスペクトラムワックス100% 1000mgを使ってみた!(レビュー記事待ち)

CBDフルスペクトラムワックス100% 1000mgを使ってみた!(レビュー記事待ち)

CBDフルスペクトラムワックスCBDマガジンが今回レビューしていくのは、CBDワックスです!
CBDワックスは高濃度CBDの商品が多いのですが、その中でも最高値であるフルスペクトラムCBD 100%の商品をレビューします!
CBD濃度がフルスペクトラム100%というのは、言い換えればフルスペクトラムのCBDそのもの!さらに、フルスペクトラムのCBDということは、CBD以外にも麻に配合されている他のカンナビノイドも豊富!
CBDや他のカンナビノイドをダイレクトに摂取できるこちらの商品の効果はどんなものなのか?実際にレビューしていくので、是非参考にしてみて下さい!

ブランド+WEED
原産国不明
内容量1000mg
CBD含有量1000mg(フルスペクトラムCBD)/100%
フレーバーなし
タイプフルスペクトラム
価格8,800円
CBDフルスペクトラムワックス100%を購入する

ライター【コジ】

コジ

コジ

+WEEDさんのフルスペクトラムワックス。その効果はバツグン
ヴェポライザーを使ってワックスを口の中一杯に吸い込むと、ガツンと喉へ強いキック感!
その後、ピリピリとヘンプの刺激がグッド!
香りも苦みも非常に強く深いので、苦手な人は絶対に無理と思えるほどの強さ。
でも、好きな私にとっては、これ以上に無いほどたまらない味ですね!

深く吸い込んで、溜めて、吐き出すを数回繰り返すと、フワッといい感じに力が抜けていって最高です!
正にチルのために生まれたワックスと言えるんじゃないでしょうか。

このフワッとする感じがたまらなく好きなので、休日や寝る前のリラックスタイムに使ってます。
ユックリ楽しみたいそんな時にはこのワックスは相性ピッタリですね。

ライター【タニ】

タニ

タニ

+WEEDのCBDワックス。届いてからしばらく置いていたので固まってしまったのを湯煎で戻し、専用のヴェポライザーを使って吸引してみました。

公式サイトには、蒸気をモクモクさせて吸引している人の姿が見られたりしますが、初めて使用する場合は注意が必要です。
蒸気がモクモク出るほど一度にたくさん吸うと、もれなくむせてしまうと思われるからです。
実際、僕の場合も「せっかくだから思いきっていっちゃおう」とたっぷり吸い込み、むせてしまいました。
喉がヒリヒリして、ゆっくり味わう余裕もないほどでした。

2回目は、その反省点を活かしてゆっくり、そっと吸ってみました。
そっと吸ってみると、確かにむせることはありませんでした。
しかし、CBDリキッドを使用するよりも強いキック感があり、喉がキュッと締まるような圧迫感があります。
リキッドを吸うときよりも、吸いごたえは強い感じです。
また、蒸気を口や鼻から吐き出すとき、鼻の奥にしみるような感じもあります。
寝る前などに吸うと目が冴えてしまいます
ただ個人的には、寝る1時間くらい前に吸うと、ゆっくり過ごしているうちに衝撃も収まり、やがてはリラックス感が訪れてくるような感じがありました。
効果の高さは、期待していいといえるでしょう。

味のほうはリキッドよりもヘンプの感じが強いのかなと想像していましたが、それほどでもありませんでした。
わりとマイルドな味わいで、特に抵抗感なく使用することができました

ライター【ノシ】

ノシ

ノシ

CBDワックスは初めて使ってみた感想としては非常に満足できた
ただ、CBDオイルやリキッド、グミやカプセルなど様々な商品を実際に試してきた私でも、ここまで麻の香りやクセが強い商品は初めてだった。

ワックスは専用器具で吸引するのだが、専用器具の扱いはリキッド用のVAPEとそこまで変わらず容易に扱えた。これなら初めてワックス用の器具を使う人でも問題なく使えるだろう。
専用器具の準備も終わり、早速ワックスを吸引しようとワックスを器具にセットし、思い切って一気にグイッと吸引してみた。
が、これは大きな間違いだった。
蒸気を吸い込むと喉へダイレクトにCBDの刺激が来てしまい咽てしまった。
これだけ少ないワックス量でも十分な破壊力を持っているので、ワックスを吸引するときはリキッドと同じようにするのではなく、少しずつゆっくりと1~2回ほど吸引するのがイイだろう。
一気に大きく吸い込んでしまうと、私と同じように刺激が強すぎて咽てしまうこと請け合いだ。

ワックスを少しずつ吸引して肺に溜めてしばらくして吐き出すと鼻から麻の香りが抜けていく。
暫くすると、凪が訪れたように全身が深いリラックス状態へと落ちていく
非常に強いリラックス感を感じながら、流石フルスペクトラムCBD100%と妙に納得した。
そのままリラックスした状態でいると、ぽつぽつと振り出した小雨のようにサーッと眠気が広がっていき、心地よい眠気に身をゆだねていると水中の中にいるようなフワフワとした状態になってそのまま眠りに落ちてしまった。

私のCBDワックス初体験はこのような結果になった。効果を感じることができたのは当然だが、その効果の強さや高さには驚かされた

非常に強い効果を感じることができたが、眠気も強く翌朝もため、ワックスを使うときは仕事前や運転前などは避け、夕食後に吸引するようにしている。
こうした注意は公式にも記載されているので、気になる場合は確認しておいた方が良いだろう。

Goodポイント

  • 驚異のフルスペクトラムCBD100%
  • 少ない吸引でも十分なCBDを摂取できる

Badポイント

  • ワックス吸引のために専用の器具が必要
  • 100%ワックスだから麻のクセが強い

CBDフルスペクトラムワックス100%を購入する

この商品を画像で見る

+WEEDのCBDワックスは他メーカーのCBDワックスと同様に、小さなガラス製の容器に入っていました。
ガラス容器自体は親指の先ほどの大きさなので持ち運びは容易ですが、小さいだけに紛失やワックスが漏れてしまうリスクも高そうです。

ガラス容器のキャップはゴム製で開けづらそうにみえますが、キャップ自体が柔らかいのですんなりと取り外せました。キャップを取ると見えるワックスはドロリとしており、みるからに濃度が高いのがわかります。
ワックスの粘度は非常に高いので手などに付いてしまうと落とすのが少し大変ですし、ワックス自体が非常に高価な商品であるため、非常に勿体ないので使う場合は慎重に扱うようにしましょう。

また、ワックスはそのまま放置しておくと固形化してしまうので注意しましょう。
ただし、固まってしまっても湯煎して溶かせば再び吸引できるようになります。ガラス容器はそのまま湯煎できるので、その点は非常に便利です。
ただ、容器はあくまでもガラスなので高温のお湯に入れてしまうと、容器にヒビが入ったり容器が割れてしまう可能性があるので、湯煎する場合にはお湯の温度には充分に注意しましょう。

ちなみに、今回吸引に使用したのは+WEEDから出ている専用のヴェポライザーです。
CBDリキッド用のヴェポライザーよりも一回り大きく、重量感のあるアイテム。
先端のマグネット式のキャップを外しボタンを押しつつワックスに押し当てると、吸引することができます。

商品情報のまとめ

+WEEDのCBDワックスは他メーカーから販売されているCBDワックスと比べてもフルスペクトラムCBDが100%とCBDの濃さが段違いです。
フルスペクトラムCBD100%というのは正にCBDそのものをダイレクトに吸引することができるということ。
だからこそ、より強くCBDの効果を感じたいというような時にはとても役立ってくれるでしょう。
ただし、フルスペクトラムCBDが100%ということはその分だけ麻が持つ独特なクセや香りが強いものとなるという点には注意しておく必要があります。

麻の独特なクセや香りが苦手という人は確実に無理だろうなと思えるほどクセを感じてしまいます。
しかし、CBDワックスはCBDオイルのように色んな使い方をするのは難しく、できたとしても本格的なVAPEでフレーバーリキッドに少量のワックスを添加して使うぐらいしかありません。
リキッドに添加することで、クセや香りは多少マシにはなるものの、完全に消し去るということはできないためCBDワックスは麻のクセや香りが気にならない人や好きな人に向いている商品といえます。

そのため、CBDワックスはCBDを初めて使う人や初心者の人ではなく、CBDを使い慣れていて更にワンランク上を目指す上級者向けの商品といえるでしょう。

CBDフルスペクトラムワックス100%を購入する

上へ戻るボタン