ホーム » CBDオイル » 【CBDオイル】カンナプレッソFlavorless 10ml CBD500mgをレビュー!

【CBDオイル】カンナプレッソFlavorless 10ml CBD500mgをレビュー!

カンナプレッソFlavorless 10ml CBD500mg皆さんコンニチハ!
今回、CBDマガジン編集部は『カンナプレッソFlavorless 10ml CBD500mg』にチャレンジします。
アメリカのCBDブランド「CANNAPRESSO(カンナプレッソ)」が手がけるノンフレーバーのCBDオイルですが、味や効果はいかに?おすすめの使い方は?
編集部による渾身のレビューをチェックしてみてください!

ブランドCANNAPRESSO
原産国アメリカ
内容量10ml
CBD含有量/濃度500mg/5%
フレーバーナチュラル
タイプCBDのみ
価格8,900円

CANNAPRESSOのCBDオイル
フレーバーレスを購入する

ライター【コジ】

コジ

コジ

“Flavorless”という表記はダテじゃないですね!
味も香りもほぼゼロ!スムーズに飲めるところが万人受けする商品かと思いますね。
個人的にはヘンプ(大麻草)の苦みがけっこう好きなのですが、口の中で残る後味でリラックスを半減される時がありますので
その点、この商品はそのような心配が無いので良いです!
高濃度CBDやフレーバー入りのCBDを愛用している方には少しシンプルで物足りなさがでるかもしれませんが
効果はしっかりと感じられましたのでご安心ください。

CBD濃度も5%と人気の濃度ですし、まさに今からCBDをご利用される方にオススメできる初心者向けの商品だと思います。

程よいリラックス感に包まれる印象を持ちましたので、しっかりと心身を整えてくれる事は間違いなしです。

ライター【タニ】

タニ

タニ

Flavorlessではありますが、個人的にはほんのり甘みもある感じがしてサッパリして飲みやすいCBDオイルでした。

ただし、CBD濃度が低めになっているからでしょうか……高濃度のオイルに比べると、効果もややサッパリめの感じでしたね。僕は基本的に寝る前にオイルを飲むようにしているんですが、リラックス効果も安眠効果も淡い感じでした。目覚めはわりとよかったですけどね。

とはいえ、わりとお求めやすい価格になっているところはポイントだと思います。

CBDオイルってしっかりしたブランドの商品を買おうとすると、10mlの小さなボトルでも1~2万円かかるのが普通ですから……。それに比べると、これは価格が1万円未満なので、初めてCBDオイルを飲もうと考えている人にはおすすめです。

しかし、CBDに慣れている人は、同じカンナプレッソの商品でも「CBD2000mg」のほうがおすすめかもしれません。

ライター【ノシ】

ノシ

ノシ

フレーバーレスという名前の通り味や香りは全くというほど感じない

ただ、完全に無味無臭というわけではなくオイルのベースとなっているMCTオイルの感じは口に残る

CBDの癖や香りは全く感じることが無いので、コレであればCBDが苦手な方でも無理なく使えるのではないだろうか。最初に使った日は、CBDの効果を感じることはできなかったが数日継続していくと、徐々に体の内側からじんわりと休まるような感覚を覚えるようになった。

そんな感覚をしばらくソファで味わいながらゆっくりしているうちに、気づけば心の底からリラックスできているような状態になっていた。
強いリラックス感を感じることができるので昼食後の切り替えに使ったり、夕食後のリラックスタイムのために使ったが非常に良かった。効果自体は、ジワジワと感じられるようなものでオイルを飲めばサッパリリフレッシュといったような形にはならない点には注意が必要だといえる。

ただ、このCBDの効果の感じ方や効果の現れ方には個人差がある点には注意しておく方が良い。

CANNAPRESSOのCBDオイル
フレーバーレスを購入する

Goodポイント

  • ほとんど無味無臭で飲みやすい(やや甘みもある?)
  • 価格が抑え目なので初心者におすすめ

Badポイント

  • CBDに慣れている人は物足りないかも
  • フルスペクトラム製品ではない

この商品を画像で見る

ブランドのロゴやCBDの構造式をあしらった、スタイリッシュなデザインのパッケージ。
その中には、手のひらサイズの10mlボトルが入っています。
ボトル本体には、ビニールの固い包装が施されているのが特徴です。
しっかり密封されているところは安心感がありますが、これを剥きとってさらにボトルを開けなければならないので、人によっては「手間がかかる」と思ってしまうかも……。

ただし、カンナプレッソのCBDオイルは最近のCBD業界で主流になっている「フルスペクトラム製品(※)」ではありません。「フルスペクトラムにこだわりたい」という方は注意が必要です。

(※)CBDだけでなく、CBDをサポートするといわれる「CBG」「CBV」などのカンナビノイドが幅広く含まれている製品のこと。

まとめ

『カンナプレッソFlavorless 10ml CBD500mg』は、特に「初心者向け」と言っていいCBDオイル。
価格もCBD濃度も控えめなので、気軽に摂取することができます。
一方で、CBDに慣れている方はより濃度が高いカンナプレッソの『Flavorless 10ml CBD2000mg』を選んでみるといいかもしれません。
また、原材料としてCBDのほかに「MCTオイル」が含まれていることもポイントです。
ココナッツオイルから抽出されるオイルで、すぐに消費されるので体に脂質として残らない「中鎖脂肪酸100%」という特徴があります。
健康志向の方に、おすすめです!

CANNAPRESSOのCBDオイル
フレーバーレスを購入する

上へ戻るボタン