ホーム » CBDリキッド » PharmaHemp CBD リキッド 5% バニラクリームフレーバーを使ってみた!

PharmaHemp CBD リキッド 5% バニラクリームフレーバーを使ってみた!

PharmaHemp CBD リキッド 5% バニラクリームフレーバーCBDマガジンをご覧の皆さん、こんにちは!
今日は「PharmaHemp」からでているCBDリキッドの1つバニラクリームフレーバーをレビューします。

前回、カンナビスフレーバーをレビューしましたが、カンナビスフレーバーと味以外の部分でどういった違いがあるのか?といったことにも注目していきましょう。

では、早速、PharmaHemp CBD リキッドの商品情報からチェックしていきましょう!

ブランドPharmaHemp
原産国スロベニア
内容量10ml
CBD含有量/濃度500mg/5%
フレーバーバニラクリーム
タイプブロードスペクトラム
価格7,900円
商品を購入する

ライター【コジ】

コジ

コジ

PharmaHempさんのリキッドは初めてなので楽しみだったけど、期待を裏切らないブランドですね!
ただ、僕自身はバニラクリーム味の甘い系のフレーバーはあまり得意ではないですね。

就寝前に30分くらい時間をかけて20回ほどゆっくり吸いました。
(ここは個人差があるので少量からお試しください)
趣味のお笑い動画を見ながら吸っていたのですが、体の疲れが少し取れたような感覚が出てきて、フワっと軽くなった感じを体感できましたので
リラックスモードに最適かなと感じました。

CBD含有量が5%と高くないので、朝イチで使ったり、仕事の休憩時間に使ったりしても問題ないと思うのですが
個人的な体感では完全に「まったり系CBD」な印象を持ちましたので、就寝前やリラックスタイムでの使用がオススメです。

さすが人気ブランドのファーマヘンプ!苦手な味でも満足感はありました!
※ただ、バニラの香りがベイプに残る点は注意!次の味を試す際は、掃除をしっかりと!

ライター【タニ】

タニ

タニ

Pharma Hempのリキッド、第2弾はバニラクリームです。
キャップを開けたときにけっこう強めのバニラフレーバーを感じたから、かなり甘いんじゃないかと思っていましたが、VAPEにリキッドを装填してひと口吸ってみると、意外にもやわらかな味わい。
甘みはありますが、ほんのりとした強すぎない感じでした。
肺にためて、しばらくしてから吐き出すとCBDならではの苦みも感じられて、バニラなんだけどほろ苦い、何とも不思議なフレーバーだと思いました。
「すごく甘いフレーバー」を期待すると、それほどでもないので拍子抜けするかもしれません。
とはいえ、ナチュラルなCBDのフレーバーが感じられる「カンナビスフレーバー」が個人的には苦くてイマイチだったので、それを考えるとこちらのほうが万人受けしそうです。

「甘いフレーバー」という先入観があったので、食後の一服という感じで夕食のあとに使ってみましたが、夜のまったりタイムを豊かにしてくれる印象です。
僕は食後のひとときは映画を見たり、本を読んだりして過ごすのですが、その夜はのびのびとした気分で読書ができました。かなり登場人物が込み入った難しい小説を読んでいたのですが、集中力が上がった感じで楽しく過ごせました。リラックス効果は期待してOKだと思います。
ただ同時に、やや眠気も強く感じました
やはりカンナビスフレーバーのリキッドに比べると、味がやわらかでまろやかなせいでしょうか。
あらためてシャワーを浴びたあとで一服してみたのですが、お風呂で体がほぐれているためか、ベッドにもぐりこむとスムーズに眠気がやってきて、気持ちよく眠りにつくことができました。

ライター【ノシ】

ノシ

ノシ

あまりフレーバーの強いリキッドは得意ではないが、こちらのリキッドはしっかりと麻の癖や苦みを感じられたので好みだった。

フレーバーがバニラクリームということで、少々乗り気ではなかったが、寝る前に意を決して使ってみるとバニラの香りや甘みがほのかに広がり、その後に麻感は広がっていく。
麻の香りや苦みが程よく強すぎないのも大きいだろうが、吸引時に感じるバニラフレーバーが香りや苦みを中和してくれているようにも感じる

この甘くてほろ苦いフレーバーは、甘いのが苦手な方でも無理なく使えるフレーバーだと思う。

吸引を続けていると、次第に眠気に襲われて心地よい脱力感に包まれながら、ゆっくりと眠ることができた

カンナビスフレーバーはもっと集中力の高まりを感じたが、こちらは集中力の高まりよりリラックス効果が高いように感じる

目覚めた時にはそこまで大きな違いは感じられなかったが、脱力感や安眠という点では非常に良い商品だと思う。

Goodポイント

  • バニラクリームフレーバーでCBD摂取が容易
  • 安価で購入できるリキッド

Badポイント

  • リキッド量は少な目
  • かすかに苦みを感じる

この商品を画像で見る

PharmaHempのCBDリキッドのバニラクリームフレーバーのパッケージは、同シリーズのCBDリキッドと同様で違うのはフレーバー名や側面の色、そしてフレーバーごとに決められている色でした。
バニラクリームフレーバーのフレーバーカラーはクリーム色で、側面の色は鮮やかなクリーム色になっています。

リキッドボトルについても同様でコンパクトでありながら、キャップのスポイトには目盛りが記載されていてリキッドの注入が容易なように先が少し折れ曲がっています

まとめ

PharmaHempより販売されているCBDリキッドシリーズのバニラクリームフレーバーはバニラの甘みや香りを感じながら、しっかりとヘンプの苦みや香りを感じられる商品です。

CBD量や濃度は高濃度CBDリキッドに比べると見劣りはしますが、CBDの効果はしっかりと感じられるようになっています。

ヘンプの香りや癖が苦手な方でもこちらのリキッドであれば、あまり気にせずに美味しくCBDを摂取できるため、リキッドを試したいという人にもオススメできる商品となっています。

上へ戻るボタン