ホーム » CBDリキッド » PharmaHemp CBD リキッド 5% カンナビスフレーバーを使ってみた!

PharmaHemp CBD リキッド 5% カンナビスフレーバーを使ってみた!

PharmaHemp CBD リキッド 5% カンナビスフレーバーCBDマガジンをご覧の皆さん、こんにちは!
今回CBDマガジンでレビューするのは「PharmaHemp」より販売されている「CBD リキッド 5%」のカンナビスフレーバーです。

2015年に登場し、CBDメーカーとしては老舗といっても過言ではないスロベニアのPharmaHempより販売されているCBDリキッドの味や効果はいかに!?
今回紹介するカンナビスフレーバー以外にも、PharmaHempCBDリキッドは何種類か購入したので以後もレビューを進めていくので、フレーバーで迷っているというような方も是非参考にしてみてくださいね。

では、早速、PharmaHemp CBD リキッドの商品情報からチェックしていきましょう!

ブランドPharmaHemp
原産国スロベニア
内容量10ml
CBD含有量/濃度500mg/5%
フレーバーカンナビスフレーバー
タイプブロードスペクトラム
価格7,900円
商品を購入する

ライター【コジ】

コジ

コジ

一言で表すと、「ヘビロテ確定のCBDリキッドと巡り合った!」と感動しました!
苦味が嫌だという方にはオススメしませんが、オイルよりも確実にまろやかですし、キック感もしっかりと吸いごたえがある商品です。

僕は平日の朝と夜は様々なCBD商品を使っているのですが、休み日のお供は最近この商品が多いです。
手軽なのでカバンに入れておくといつでもどこでも吸えちゃうのがリキッドの良い所ですね。
ただ、吸い過ぎると少し舌に痺れ感が残るので注意です。(特に悪いというわけではないです。)

CBD効果は他のPharmaHempさんのリキッドと同様にしっかりと体感できます。
リラックスにもリフレッシュにも最適で、まさに心身のエネルギー補給にはもってこいのCBDリキッドかと思います。

ライター【タニ】

タニ

タニ

CBDのナチュラルな香りや味って、正直なところ実はニガテで(甘いフレーバー付きの商品が好きです)、今回のもどうかな?と思いながら吸ってみたりしたのですが……。
やっぱり、ニガテだ!ということがわかりました。ボトルのキャップを開けたときに強烈に放たれるえぐみのある香りも、グワーッと喉に押し寄せてくる独特の苦い味もなかなか激しいです。
その分だけ、吸い込んだときの目がパッと覚める感じはスゴイですが……しかし、やはり僕としてはもっとおいしい味でCBDの効果を実感したいと思います。

ただ、効果に関してはケチをつけるつもりはないです。
パッと目が覚める感じはスゴイ」と言いましたが、どちらかというとリラックス感を強く感じました。

僕は今回の商品、職場に持ち込んでタバコ休憩の時間に使用してみました。
ゆっくり顔をしかめながら吸って、終わってからちょっとコーヒーを飲んで、
(味や香りを消すために飲んだんですけど、後味は強烈でなかなか消えません)
それから席に戻ったんですが、腰を落ち着けてフーッと深呼吸したあたりで、スーッと体がリラックスしていく感じがわかりました。決して眠いわけじゃないのですが、「脳が休んでいる」という感じがします。
仕事中って、たまにいろんな雑念が次々に思い浮かんだりして集中できなかったりすることがあるんですが、これを使用したあとは雑念に惑わされず、ナチュラルな落ち着いた心持ちになりました。

何か作業をしていて、気分を落ち着けたくなったときに使用するのがおすすめといえます。
まあ、味や香りが気にならないなら、ですが。

ライター【ノシ】

ノシ

ノシ

商品が届いてから早速使ってみた。
3~4回吸引して30分ほどすると、張っていた気が柔らかくほぐれていくような感覚を感じた。
通り雨が引いていくように気持ちが落ち着いていくのを感じた後、集中できる状態へと移行したように思える。
この気持ちの切り替わりも境界線を越えれば切り替わるといった感じではなく、板の間に水をかけたかのようにスーッとリラックス感や集中できる状態が広がっていった

CBDの効果は十二分に感じることができたし、味に関しても好みであった。
強すぎない苦みの中に、ほのかな甘みを感じることができ、一度吸引するとまた次も吸いたくなるような癖になる味だった。
カンナビスフレーバーということで、どうしても緑の青臭さや苦みもあるが、これは好みの問題かと思わる。
ただ、苦みや香りは強めだとは思うので、苦手な人は別のフレーバーを試すようにすると良いだろう。

Goodポイント

  • ヘンプのフレーバーを楽しめる
  • 価格は濃度から見ると安価

Badポイント

  • ヘンプのフレーバーがニガテな人もいるかも
  • 内容量が10mlと少な目

この商品を画像で見る

PharmaHempのCBDリキッドは小型の紙パッケージに入っていました。
正面には大きな「E」の文字がプリントされており、正面下部には「CANNABIS FLAVOR」とフレーバー名が記載されています。

Eの文字を囲む枠色やCANNABIS FLAVORなどの文字色、パッケージ側面の色はカンナビスフレーバーは濃い緑、ペパーミントは水色、シトラスフルーツは黄色といったようにフレーバーによって違っています

側面には、原材料やクオリティチェック済であることの記載がありました。

リキッドボトルは10mlのものなので、コンパクトで、キャップはCBDオイルと同様のスポイトを兼ねたタイプのキャップになっていて、このキャップスポイトでリキッドを吸いあげてお手持ちのアトマイザーにリキッドを注入します。

キャップのスポイトには、0,25mlと0,50mlの目盛りが入っているので、リキッド注入の時にどのぐらい注入するかの目安になります
スポイトの先は、少し折れ曲がった形状になっていてアトマイザ―への注入時に邪魔にならないようになっています。

まとめ

大麻の本場ともいえるヨーロッパ圏にあるPharmaHempはCBDメーカーとして長い歴史を持っています
老舗であるPharmaHempでは、原料となる大麻草は認定された種から完全有機栽培で作っており、有機栽培で作った大麻草からCBDを抽出し、自社の研究所、そして第三者の研究所で成分のテストを行ったのちCBD商品を製造しています。
CBD商品の製造に関しても、GMP認証を受けた施設で行われており、原料から製品まで全て高品質なものになっています。

今回レビューしたCBDリキッドにも純度の高いCBDが配合されており、しっかりとした効果を実感する人が多くなっています

しっかりとしたカンナビスのフレーバーで、カンナビスフレーバー特有の癖や香りが好きな方にはオススメできる商品となっています。

上へ戻るボタン