ホーム » CBDリキッド » 【CBDレビュー】NATUuR 420 Disposable CBD Penを使ってみた!

【CBDレビュー】NATUuR 420 Disposable CBD Penを使ってみた!

NATUuR 420 Disposable CBD PenCBDマガジンをご覧の皆さんこんにちは!
今回もやってきましたCBDレビュー!今回レビューする商品は「NATUuR」より販売されている420 Disposable CBD Penのメリージェーンフレーバーです。

オーソドックスなCBDペンであり、CBD入門にも最適とされているこちらの商品。
実際に使ってみて効果を感じられるのか?本当に、入門用として適しているのか?
色々な観点からレビューをしていくので、購入をお考えの方は是非参考にしてください!

では、早速、NATUuR 420 Disposable CBD Penの商品情報からチェックしていきましょう!

ブランドCBDfx
原産国アメリカ
内容量1ml
CBD含有量/濃度50mg/5%
フレーバープラチナムローズ
タイプブロードスペクトラム
価格3.680円
商品を購入する

ライター【コジ】

コジ

コジ

この商品が手元に届いてから最初に思ったのは、パッケージデザインが良い感じで持ち運びにも良さそうってこと。
紙パッケージやプラケースの場合、パッケージ自体がかさばるから、パッケージに入れてというよりは本体をむき出しにして持ち運んだりすることが多いんだけど、こういうタイプのパッケージならかさ張らないしペンの持ち運びも簡単!
ケースに入れて持ち運ぶから高い所から落としても、少しぐらいなら大丈夫そうな気がするw
もちろん、落とさないことに越したことはないけど、万が一落としたりして持っていう意味でね。

持ち運びも簡単だし、外でCBDを使うときはこれって感じで使ってたけど感想としては結構ヤバいw
リラックス感と安眠の効果がバッチリで吸ってからしばらくすると、じんわり眠気がきて仕事の合間とかに使うと眠気で仕事にならなくなりそう……と思えるぐらい。
そんな感じだったから、持ち運びで気軽に使えるけど外で使うより自宅で眠る前に使う方が自然と多くなったね。
そうなると、そもそものケースごと持ち運びできる便利さはあまりないように思えるんだけど、旅行先や出張先でベッドや枕が違って眠れなくなるって人にはいいと思う。
そうは見えないってよく言われるけど、俺自身が睡眠環境の変化に意外と敏感で環境が少し変わるだけで全然眠れなくなったりするんだけど、これを使えば睡眠環境の変化とか関係なしに眠れるようになったからホントにオススメ!

味に関しては、メリージェーンってことで正にヘンプのフレーバーという感じ。
嫌になる感じじゃなくて癖になる味で、後を引くから吸いすぎには注意した方が良いかもしれない。
あと、ちょっと気になったのは本体にあるヘンプの葉のデザインかな。
見る人が見ればイカニモな感じが強いから外の人目があるところで使ったりする時は気をつけた方がいいかもw

ライター【タニ】

タニ

タニ

「メリージェーンフレーバー」って何だろう?「メリージェーン」って女の子の名前?甘くて美味しいってこと?などと考えながら吸ってみると、びっくり!
ちょっぴり青臭くほろ苦い、クセのある「草」の風味がいっぱいのフレーバーでした。
正直なところ、あまり得意な味ではなかったです……。

調べてみると、「メリージェーン」というのは「大麻(マリファナ)」の隠語なんですね。
「Marijuana」という文字を見た人が、「Mary Jane」と間違えて読んだために隠語として定着した……みたいな説があるそうです。

と、こう書いてみると何やら怪しい商品みたいですが、この『NATUuR 420 Disposable CBD Pen』にはマリファナの幻覚作用やハイになる作用をもたらすTHCという成分は含まれていません。
あくまでも風味があるというだけなので、ご安心を!
代わりにCBDがしっかり入っており、その効果も感じられました。

僕はこれを起床時、入浴前、就寝前などに使ってみましたが、特に安眠効果がしっかり感じられたという印象です。
就寝前に何度か吸引すると、じんわり心と体がほぐれる感覚があり、スーッと眠気がやってきます。
そして、ベッドに入ると自然に眠りの中へ……。
深く眠れたので、翌朝もぱっちり目覚めることができました
ほかのブランドのCBDペンはどちらかというと、昼間の休憩中に一服すると心身がリラックスできる……という感じの商品が多いのですが、こちらは寝る前のリラックスタイムに使うのがおすすめだと思います。

ライター【ノシ】

ノシ

ノシ

こちらのペンを見て先ず思ったのが、メタル製の本体は思っていたよりしっかりとしていて、これは本当に使い捨ての商品なのだろうかということだった。
それほど、作りはしっかりとしているように思う。また、リキッド残量などもタンクを見れば一目瞭然という点も良い。
ただ、リキッドが入っているタンク部分はガラスの様なので、高所から落としたりすると破損しそうではあるので、その点には注意が必要かと思われる。

私がこちらの商品を受け取って最初に使ったのは寝る前であった。
寝る前に使った感想としては、何となく眠れる様になったかな?と思える程度であったがその後も眠る前に使うと、しっかりと眠れるようになったと思う。

次に使ったのが、最初に使った日の翌日のお昼だった。
食後の一服をこのペンに入れ替えてみて使ったが、最初の1、2吸いは何ともなかったが、そのまま3回4回と吸引を進めると確かなCBDの感覚を感じられた。
しっかりと、CBDが入っているという実感と共に、ジワジワとリラックスできていったような気がする。

味に関しては、可もなく不可もなくといった印象である。
麻の味ということではあるが、大麻そのものを使ったことが無いのでどの程度再現できているのかは分からないが、大麻の草っぽさは感じられたように思う。
1日に4~5回の吸引を昼夜の2回行ってみたところ、19日目でリキッドを使い切ってしまった。

吸引する回数などを調整すれば、もう少し使える期間は長くなりそうだが、200回程度の吸引で使えなくなるのを覚えておくと、買い替えのタイミングにも困らないだろう。
価格も抑えめで、効果も十分に感じられたので、入門用としても最適だと思えた。

Goodポイント

  • 使い捨てペンの中でも安価
  • 吸うだけで使え充電も不要
  • リキッド残量はタンクで一目瞭然

Badポイント

  • 本体のヘンプデザインは外出先で使いづらい
  • フレーバーの種類が少ない

この商品を画像で見る

プラスチックの筒状のパッケージに入っていて、ゴム栓を外して本体を取り出せばすぐに使えます。
ケースサイズは太めのペンと変わらないので、バッグなどにも無理なく入れておくことができます。

本体の長さは紙巻きタバコよりは幾分長めですが、それでも大きすぎるということはありません。
シルバーの本体には、黒でNATUuRのブランド名と大麻の葉の柄がプリントされています。
NATUuRだけであればそこまで目立ちませんが、大麻の葉のプリントは見る人が見ると危ないものを使っている様にも見えるので、外出先などで使う場合はプリントされている側が見えないようにするなど、吸引の時に気を使う必要があります。

まとめ

NATUuRの使い捨てペンはリラックス、安眠、目覚めの改善などの効果を感じる人が多いようです。
それなりに強い効果を感じられたという人もおり、ストレスなどで眠れなくなってしまっているという人は使ってみる価値がある商品といえるでしょう。

味や本体デザインなどの部分で多少の懸念点はあるものの価格面では非常に安価であり、初めてCBDを使うという人でも気軽に始められる点はまさに入門用の一品として最適といえます。

CBD量は420mgでCBD濃度は4.2%と充分であり、フレーバーはヘンプの味を感じられるメリージェーンとヘンプの強いにおいを意味するスカンクの2種類で展開されています。
どちらもヘンプベースのフレーバーとなるので、ヘンプのフレーバーを感じたいという人にもオススメ

この商品自体は安価ですが、継続してCBDを使うという場合は使い捨てペン自体がコストパフォーマンスの面でリキッドよりは劣ってしまうため、こちらの商品でCBDがどんなものかを試してみた上で、効果を感じることができたらリキッドへステップアップしていくというのがオススメです。

上へ戻るボタン